« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月29日 (土)

磯釣り再開

尾鷲の磯釣りは4年位中断しただろうか。 天候が安定してきたので明後日の31日と1日の2日間行くことにした。コッパグレでも釣れたらいいかなあ。初めての平日の釣りなので気楽に過ごそうか。

磯竿の点検・・1.5号 2号 3号および手釣り竿、磯タモ準備、下手糞ほど沢山の竿を準備するとか。リール・・油差し、3号糸の巻き替え。グレ針、ふかし浮き、ハリス1~3号準備、磯ゴム長新調。その他もろもろ、久し振りの準備も楽しい。

|
|

2006年7月24日 (月)

ごろごろ水

世界遺産に登録された「大峯山」の麓、洞川の「ごろごろ水」は環境省選定「名水百選」の一つであり鍾乳洞から湧き出たミネラル分を豊富に含んだおいしい水です。地元洞川財産区(特別地方公共団体)が水汲み場をつくり一般に開放している。3か月に2回程度天川村の美しい風景を楽しみながら片道60kmの道のりをドライブしている。23日はいつものとおり孫をつれて20Lタンク数個に詰め込んできた。孫は洞川の清流にいる「鱒」に餌を与えることを楽しみにしている。我が家では炊事用(ご飯・お味噌汁など)、飲料水は全て「ごろごろ水」を使っている。

独立行政法人国立環境研究所「環境省選定 名水百選」                   http://mizu.nies.go.jp/meisui/

Img_1591 Img_1589

|
|

2006年7月22日 (土)

除夜の鐘まであと1打

107打・・21日のゴルフスコア。 へたくそじゃ~あ~りませんか 貴方にだけ雨が降ったんじゃ~あ~りません  でもさ・・沢山打ててよかったんじゃ~あ~りませんか。

ミスショットが出来るからアマチュアな~の  機嫌を取り戻してゴルフを楽しみましょうよ・・・ねえ椎茸さん。

|
|

2006年7月19日 (水)

宿泊した宿で月下美人が開花しました。

18日宿泊した三朝温泉「三朝館」の月下美人が宿泊したその日に咲きました。年に4回程開花するとのことでそのうちの1回に当り写真に収めることができました。午後5時頃から開き始めて午後11時には満開となり甘い香りが旅館のロビー全体を包みました。ご承知のとおり月下美人の花は一夜限りと言う短い命で大変神秘的で美しい花でした。帰省した3日間とも雨が絶え間なく降り大雨洪水警報が出っ放しでした。外に出回ることが出来ずシャッターチャンスが無かったのですが「美人」を写すことが出来たのはせめてもの慰めになりました。

三朝温泉・・三朝館

Img_1916 Img_1918 Img_1919

Img_1924 Img_1898

|
|

2006年7月16日 (日)

温泉めぐり 海水浴に出発

17日から法要で鳥取県に帰省します。ついでに東郷温泉、三朝温泉のお湯にゆっくりと浸かってきます。

 天候がよければ子供の頃に泳いだハワイ海水浴場でもう一度泳いで(浸かるだけだろうが)みたいと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

連日の大雨で海水浴は次回以降に繰越となりました。両温泉で旅館の看板としている特色ある素晴らしい屋内風呂・露天風呂でゆっくりとくつろぐ事が出来ました。  「19日、記す」

|
|

2006年7月15日 (土)

花火・・新庄町

今日は葛城市新庄町の花火。約1時間にわたる夜のショーを楽しみました。花火の撮影は初めてでデジカメのためマニュアル(手動)撮影を試みましたが、これっと言う写真は撮れませんでした。

Img_1861_1 Img_1881_1 Img_1822_1

|
|

2006年7月13日 (木)

第9回天理の会ゴルフコンペ

梅雨時、雨は無く曇り一時晴れの天気なるもさすがに暑い。30度を連日超えている。固定ハンデーを活かし40+49・・・89で第一位なり。後半危なかった。なにしろOB一発、チョロ3~4回、前半の貯金が効いた。 ボールの位置を左踵前においたのが良かったか?

|
|

2006年7月12日 (水)

第9回大阪YPC写真展

西宮のM氏から案内を頂き、大阪読売写真クラブの写真展に行ってきました。最終日になってしまったがその力作を見せて頂きました。M氏の「長寿」と題した写真には心を動かされました。今後更にすばらしい作品を期待しております。写真っていいものだなあ。

  写真展の作品は、兎角「カメラの性能を酷使しカメラ操作技術を競ったものが優秀」だとの選考基準による抽象的な写真をイメージしてましたが、この写真展の作品は真実性が高く表現したい点がはっきりとして安心感を覚えました。

小生も備忘録として写真を嗜んでおります。デジカメを手に入れ花の写真を写し始めた時分に、更に良いアングル、背景で写そうと思って花を切り取って写してしまったことがありました。後でその写真を見た時、「切り取って死んだ花」としか見えませんでした。爾来、切花は写真に撮らない、画像は色彩濃淡加工はしないと決めています。

Img_1817_1 Img_1816_1

|
|

2006年7月 8日 (土)

我が家の改修

屋根スレートの張替えと塗装工事完了。足場があるときしかこのアングルの写真は撮れないので取り外す日の朝、足場によじ登ってシャッターをきりました。

|
|

2006年7月 6日 (木)

神の木 親父の木

我が家には2本の木が二階の屋根の高さまで伸びている。近所では見かけない種類で狭い住宅地の植木には適さないマツ(スギ)科とヒノキ科の常緑針葉高木である。

「神の木」・・25年前我が家を手に入れた時、橿原神宮にお参り行き本殿の売り場にあったスギの木(ヒマラヤスギかな)です。当時20センチくらいの苗木でした。橿原神宮ゆかりの木として大切に育ててきました。

「親父の木」・・17年前転勤で我が家に戻り住むこととなった時、親父が鳥取県の実家の山から持ってきたヒノキで30センチくらいの大きさであった。実家および自分に代わるものをと私の家に残してくれました。更に遡れば、私が18歳(42年前)で大阪に就職した時に同じ山に植えたヒノキを勤続20年の時伐採し、実家の農業小屋の一つの柱にして「息子の勤続20年記念」と記して残してくれて、帰省する度に見させてもらい以降の会社勤めの心の支えとなったものです。この小屋は今でも残っております。この延長で親父がわざわざ持ってきて植えてくれたものです。  枝木を掃った本日、3年前に天国にいった親父に手を合わせました。

2本の木が我が家と家族の皆んなを守ってくれました、本当にありがとう!

庭木としてはもう手が加えられないところまで育っているので何らかの方法で残したいものだ。

|
|

2006年7月 5日 (水)

オークモントゴルフ

4日、「山辺の会」ゴルフコンペに初出場した。13年前に行って以来のオークモントゴルフ場。バンカーが多くグリーンおよびフェアーウエイがうねっているジャックニクラウス設計の小生にとって難しいコースで前回は勿論100は切れていない。今日は100切りが目標であった。ロングアイアン不調、3打目にOBあり、バンカー4回意識した所で入ってしまった・・・・・。

教訓・・過去失打したイメージは思い浮かべない(過去と同じホールでバンカーに2度入れた)良いイメージで目標に向かって打つのみ。

かろうじて99で収まった。このコース再度挑戦しよう。

|
|

2006年7月 2日 (日)

ふれあい農園NO3

雨が降ると畑にはいけないので雨あがりを狙っていきました。いつの間にか大きく実っていました。

「藁を掴みそこねた。」

地面に出来た西瓜、かぼちゃ、瓜などは藁を敷いてやらなくてはいけないのですね。田舎には藁はいくらでもあったのですが、こちらでは何処で入手したらよいかわからなく日が経ってしまいマルチを敷いただけであったため多くの作物が腐ってしまいました。大失敗です。  教訓・・藁は早く掴め!なり。

Img_1772

|
|

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »