« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月30日 (木)

畝作り・・ふれあい農園 H19

秋の野菜作りのため畑の畝作り5日目 p(^^)qガンバッタ! 暗い内の朝5時から2時間作業 朝は涼しくて気持ちがよい 畑を掘り起こし3畝作った ここに白菜 大根 秋ジャガイモを植える予定である 11月に植える玉ねぎの畝も遠からず作る必要がある
 p(^^)qガンバッテ!

A5700img_5469

  

|
|

本薬師寺跡 布袋葵 蓮の花

橿原市 本薬師寺跡の布袋葵が見ごろです。 ハスの花も見事に咲いています。

                   ・・・布袋葵・・・

A5img_5458

A5img_5459

          ・・・後方の山は大和三山のひとつ「畝傍山」・・・

A5img_5450

                  ・・・蓮の花・・・

A5img_5433

A5img_5440

A5img_5441

|
|

明日香 稲渕の棚田

「日本の棚田百選」のひとつ・・奈良県明日香村稲渕の棚田です。8月下旬から9月下旬まで案山子コンテスト(今年は第12回目)が行われ、9月22日の棚田見学者の投票により最優秀作品が決定されるそうです。案山子は奈良大阪をはじめ近郊にお住まいの有志の方が作られ今年のテーマは「元気」です。これから作成予定の空き場所もありました。写真は8月28日スタートした直後の案山子たちです。 近くでは木槿(むくげ)の花が彩りを添えていました。

A5img_5414

A5img_5430

A5img_5423

A5img_5351

A5img_5302_2

A5img_5304

A5img_5364

A5img_5306_2

A5img_5318

A5img_5356

A5img_5312

A5img_5308

A5img_5394

|
|

2007年8月26日 (日)

二上山 葛城山

朝の畑仕事を終え鍬を片手に西空を見ると二上山 葛城山が青空にくっきりと朝の太陽を一杯に受けていました

A5img_5284

A5img_5289

A5img_5298

|
|

秋なす

今年は茄子が上手く出来た 収穫が終わりになったので引っこ抜こうとしたら隣りの農園作人のお爺さんが「茎を半分位に切って置いとけば新しい芽が出て秋なすが出来るよ」とアドバイスを受けた アドバイス通りにしたら芽がでて花が咲いてきた (^_^) 小さい実も付けてきている (*^-゜)v やっほ~♪  o(^ー^)oワクワク 

A5img_5270

A5img_5273

A5img_5272

|
|

2007年8月18日 (土)

朝の散歩

今朝は一人の孫台風ちゃんと散歩です 二人で両方から引っ張られた15日より身軽で朝の空気を一杯吸うことが出来ました・・・愛犬 チップちゃん(談)

A7img_5232

A7img_5233

 

|
|

2007年8月15日 (水)

朝の散歩

   朝の散歩・・・孫台風もワンワン散歩時はご機嫌宜しいようです。
   愛犬チップちゃんも背に腹は替えられないようで 孫台風ちゃんの猛威
    突風を気にして 「抵抗せぬ神に祟り無し」の心境のようです。(^_^) 

A5img_5097

A5img_5090

A5img_5102

A5img_5103

|
|

2007年8月14日 (火)

おふさ観音 風鈴まつり

                              おふさ観音風鈴まつり

橿原市小房町 高野山真言宗 別格本山 観音寺  (通称)おふさ観音
7月1日~8月31日まで境内に約2500個の風鈴が飾られています

A5img_5113

お寺の由来によれば江戸時代の土地の娘「おふさ」さんがこの土地に観音様を
奉ったのが始まりとか・・・
風鈴の音色が何だか「おふさ」さんが呼んでいるように聞こえます・・・
気のせいでしょうか・・・

澄み切った音色・・   チリリ~ン チリリ~ン

A5img_5139

風鈴の種類もたくさんあります ガラス鈴 鉄鈴・・・
それぞれが綺麗な音色で涼しさを感じます

A5img_5130

境内一杯に飾られた風鈴・・・風に吹かれて短冊が舞っています

チリリ~ン チリリ~ン

A5img_5153

風鈴は8月一杯立秋後の涼しい風を呼んでくれます

チリリ~ン  チリリ~ン  チリリ~ン

A5img_5158                                    

|
|

2007年8月10日 (金)

稲村ケ岳

7b1600img_5037 8月9日 大峰山系の「稲村ケ岳」(1726m)に登った
ごろごろ水の洞川を通り過ぎ「母公堂」の手前の登山道から登りはじめた 頂上まで往復 山道を約10Km6時間半のコースである

母公堂・・標高889m

Db2img_3333大峰山系「稲村ケ岳」の位置図

A5img_5013 山上辻の案内標識 この横に「稲村ケ岳山荘」がある

山上辻・・標高1545m

A5img_5016 山上辻にある

「稲村ケ岳山荘」

標高・・1545m

A3a5img_5017

A5img_5079 稲村ケ岳山荘を越えブナの原生林を登っていくと右前方に尖った山が見えてくる「大日山」(標高1689m)である 稲村ケ岳の隣の山で実に美しい

A5img_5027 大日山の付根部分に到着 岩山である 頂上まで往復20分 上りはかなりきつそう

目的の稲村ケ岳に向けて大日山の左裾の登山道を行く

A5img_5031 右が大日山 左が稲村ケ岳
の付け根部分(キレット)に差し掛かる 両山の間から見る景色は素晴らしい 写真撮影スポットである 

稲村ケ岳頂上まで往復40分
である

キレット部分・・標高1630m

A5img_5054 稲村ケ岳山頂

標高1726m

頂上での食事は禁止されている 一度に大勢の人数は狭くて滞在出来ないし またゴミなどを残し自然を汚さないためでもあろう

A5img_5058 山頂(三角点)のすぐ横の木が花をつけていました

厳寒な冬を越え力一杯咲いていました 実に力強く感じました

(花木名・・ 確認中です)

A5img_5051 稲村ケ岳山頂から「山上ケ岳(大峰山)」(1719m)を望む

A5img_5055 稲村ケ岳山頂から南方の
「弥山」(1895m)を望む

A5img_5074

頂上を後にして今来た登山道を下る
上りでは余裕なかったが 暫し あたりの景色に見惚れる ブナの原生林が綺麗
(標高1600m付近)

A5img_5076ブナの原生林

A5img_5073 ブナの原生林

A5img_5021 少し下った標高1500m付近の針葉樹林帯

A5img_5006 針葉樹林帯

・・・・・・・・・・・・・
平地では35度を越える真夏日 今回はうっそうと茂る吉野杉 檜 稜線近くのモミ ブナの原生林の中 涼しい山登りが出来た
・・・・・・・・・・・・・

|
|

2007年8月 6日 (月)

花火ファンタジーin榛原

Aa81_4844 花火ファンタジーin榛原

大空に広がる花火・・・・無限の空に花火師の思い通りに広がり・・飛びそして散る・・・

その姿・・二度とない・・・

ファンタジーの世界である

   

☆QPON高画質スライドショー
        「花火ファンタジーin榛原」
        http://www.geocities.jp/akishiina/newpage0011-15.htm

    

|
|

榛原花火大会

A55kimg_4900 4日奈良県宇陀市榛原で恒例の花火大会があった 今年の花火大会見物はこれで4回である 行く度に花火撮影の難しさが分かってきた
難しいから面白いのだろう

当日は約500m離れた道路に三脚を設置した 前は水田 その向こうに発射台がある 電柱は無く風は追い風で絶好の位置である 花火開始時には降っていた雨も上がり星空も少し現れてきた

1時間のショーで200回シャッターを切った 最後10分間は風向きが急に逆転して今まで溜まっていた煙がこちらに流れてきて打ち上がる花火が見えなくなってしまった 最後を飾るスターマインは煙の間に見ることができ打上げの大音響と共に壮大で華麗なものであった

☆Picasaウェブアルバム
     榛原花火PartⅠ http://picasaweb.google.co.jp/akishiina/Part
     榛原花火PartⅡ http://picasaweb.google.co.jp/akishiina/Part03

|
|

2007年8月 2日 (木)

おんばら祭花火

A5fimg_4754_2 おんばら祭の花火大会が31日にあった 奈良県桜井市の三輪明神 大神(おおみわ)神社主催で打上2000発である
芝公園の横の田んぼに発射台があった 運良く発射台まで300mくらい離れた堤防を兼ねた高台にデジカメをセットできた
先客は名古屋からこられたTご夫婦で各地の花火大会で撮影された写真を「還暦のQPONさん」のスライドショーに編集されホームページにアップしておられて 最近(7月30日)朝日新聞大阪版夕刊およびアサヒコムに該当花火スライドショー(HPも)が紹介されたほどの素晴らしい実績をお持ちのお方でした 今日は楽しい夕刻を過ごさせて頂いた

T様ご夫婦に心から御礼申しあげます   
    
   

|
|

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »