« 吉野の桜 | トップページ | 新家長福寺の八重桜 2010年 »

2010年4月13日 (火)

佛隆寺の千年桜

佛隆寺(奈良県宇陀市)は嘉祥3年(850年)に空海の高弟・賢恵が創建したと伝わる古刹です。室生寺の末寺ですが、大和茶発祥の地とされ、空海が唐から持ち帰った日本最古のお茶を栽培したといわれています。
 参道の石段横にある桜の巨樹は「千年桜」と呼ばれています。品種がヤマザクラとエドヒガンザクラの雑種である「モチヅキザクラ」の一種で、樹齢も900年といわれる県下最古の桜です。

Keimg_3080

              佛隆寺の千年桜 1

Keimg_3090

                              佛隆寺の千年桜 2

Keimg_g1768

千年桜を見ながら197段の石段を登れば佛隆寺の本堂です。

Keimg_3175

             千年桜が満開でした。

Keimg_g1776

    本堂前の桜と樹齢2、3百年もの長十朗梨の花が満開です。
    もうすぐ藤の花も咲きます。

                         撮影 H22.4.13

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日の14日、青空が見えました。往復80Km車を飛ばして2年振りに
晴れ間の千年桜を写してきました。どうぞご笑覧ください

☆小生のHP 「椎茸さんのひろば」 高画質QPONスライドショー

   タイトル・・・佛隆寺の千年桜(画像30枚)

       http://www.shiitakesan.com/05-34.htm

  
/////////////////////////////////////////////////////////////

|
|

« 吉野の桜 | トップページ | 新家長福寺の八重桜 2010年 »