« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月30日 (金)

鏡平から望む槍ヶ岳 穂高連峰

一昨日(26日)の登り時は小雨が降ったので、晴れの今日は期待して弓折乗越から下ってきた。 鏡平は槍ヶ岳、穂高連峰を見るために山の神様が作ってくれたような場所にある。鏡平は弓折岳(標高2,588m)の肩部分の標高2,300mの台地に大小5つの池があり、鏡平山荘が建てられている。

B72_g2809

               槍ヶ岳と鏡池

B72_g2815

             穂高連峰と鏡池

B72_g2834

                        槍ヶ岳     鏡平にて

B72_g2840

大ノマ岳(2,662m)から秩父岩(2,792m)、抜戸岳(2,813m)への稜線

B72_g2844

          焼岳(2,455m)と乗鞍岳

                          撮影 H22.7.28

    続く・・次は   
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
    新穂高温泉に下山       です。   
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

//////////////////////////////////////////////////

|
|

2010年7月29日 (木)

雲上のお花畑 双六岳 デジブック

7月26日~28日の双六岳登山で見た高山植物をデジブックにしました。

|
|

2010年7月28日 (水)

双六小屋

☆登山3日目  (7月28日)

標高2,550mの双六小屋の朝は寒い。真夏で天候晴れでも午前4時過ぎは10℃前後である。雨風であればマイナス近くなるのではと思う。

A62_g2735

    日の出前(午前4時25分)   双六小屋前

A62_g2739

     双六小屋の上にお月さん (午前4時25分)

A62_g2737

            日の出前の鷲羽岳

/////////////////////////////////////////////

今朝は早立ちします。  新穂高温泉に下山して、車を運転して奈良県に帰ります。5時前に朝食を食べていたらガラス窓が真っ赤になりました。 ご来光だったのです。
この時席も外せず食事を済ませてからカメラを持って外に出て写したのが次の写真です。

この場所に太陽が上るのであれば・・・食事を後にしてご来光を待ったのに・・残念でしたが、早立ちをして安全確実に下山することを優先した結果でした。

A62_g2744

ご来光 (5時10分頃) 硫黄乗越を越えた雲がご来光を遮りました。

////////////////////////////////////////////

◎稜線漫歩・・・・ 笠ヶ岳、槍ヶ岳 穂高連峰、 高山植物

 天候も良く、なだらかな尾根道、 最高である d(゜-^*) ナイス♪ 

A62_g2751

                 笠ヶ岳

A62_i2955

             鷲羽岳と双六小屋

A62_g2753

                  槍ヶ岳

A62_g2771

                  穂高連峰

A62_g2759

                  くろゆり

A62_g2785

ハクサンイチゲ(白山一花)と双六岳   花見平のお花畑にて

A62_g2795

 弓折岳から雲の中の笠ヶ岳へ続く山々  左遠望は焼岳、乗鞍岳

A62_g2790

花見平雪渓を行く登山者  後方は中岳、南岳、大キレット、続いて穂高連峰の西穂高までの山々

A62_i2972

         槍ヶ岳(標高3,180m 日本第5位)

                       撮影 H22年7月28日

     続く・・次は   
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
    鏡平から望む槍ヶ岳 穂高連峰        です。  
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

//////////////////////////////////////////////////

|
|

槍ヶ岳 穂高連峰 デジブック

28日朝5時40分双六小屋を出発、鏡平山荘経由新穂高温泉に下山だ。

途中、稜線から見る槍ヶ岳、穂高連峰はすばらしかった。

|
|

2010年7月27日 (火)

双六岳頂上 360度の眺望

双六岳頂上(標高2,860m)からは360度が見渡せます。

A62_g2722

双六岳頂上から南方角  笠ヶ岳 (標高2,897m)

A62_g2723

               笠ヶ岳

A62_g2726

黒部五郎岳(標高2,840m別名 中ノ俣岳) 双六岳から北西方角

A62_g2724

黒部五郎岳  カールがあり雪渓とお花畑の宝庫

A62_g2731

鷲羽岳 (双六岳頂上の山頂標識)  双六岳から北方角     

A62_g2733

双六岳山頂から黒部五郎岳の雄姿  素晴らしい景色に見惚れる

A62_g2729

双六岳山頂から続く丸山(2,854m)、更に三俣蓮華岳(2,841m)に続く

写真中央の黒い山が水晶岳(黒岳)、右が鷲羽岳

A62_g2728

双六岳頂上より東方角・・・双六岳尾根道(周氷河地形のなだらかな

スロープ)  遠くは槍ヶ岳の北鎌尾根、表銀座縦走路の山々

  

  双六岳山頂にて          撮影 H22年7月27日

     続く・・次は   
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
     双六小屋            です。   
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

     

/////////////////////////////////////////////////

|
|

双六岳頂上へ 

双六小屋にリュックを預け、デジカメ2台持って双六小屋横の登山道に向かった。
今日は登山2日目、若い時は黒部五郎岳まで行くのであろうが還暦をとっくに過ぎているからこの双六小屋でストップしてしまった。今、まだ午前10時過ぎ、時間はあるが体が動かぬ。

A62_g2675

            双六小屋前

A62_g2676

          双六岳登山道を登りはじめた

A62_g2684

   中央が鷲羽岳、その左奥が水晶岳(別名 黒岳)

A62_i2913

                 双六岳

A62_i2919

双六岳への登山案内板  直登コースは雪渓が残っているので危険、このまま山裾を廻りこむ中道を進み、春道の標識に従って双六岳に登れとの指示

A62_i2922

双六岳雪渓にある双六小屋水源地、この雪渓は一年中残っているようである。

A62_g2695

雪渓が溶けてお花畑になる。  ハクサンイチゲ、シナノキンバイが辺り一面に咲いている。 

A62_g2719

双六岳中道のお花畑と黒部源流の山々

写真左から 祖父岳(標高2,825m) 水晶岳(2,986m 別名 黒岳)
ワリモ岳(2,888m) 鷲羽岳(2,924m)

/////////////////////////////////////////////

A62_i2940

双六岳頂上が見えた。  これから春道を登ります。

A62_i29337

雷鳥の親子が迎えてくれました。

A62_i2935

周氷河地形で岩が石屑のようになっている。周氷河地形とは凍結破砕作用(水が凍り岩を砕く)を繰り返し、山がなだらかなスロープ状になっていく。

A62_g2727

双六岳頂上から登ってきたスロープ(周氷河地形)を振り返る 

風雪にさらされている立ち木の双六岳頂上標識には「双六岳山頂2860m」と掘り込まれている。

                            撮影 H22年7月27日

        続く・・次は   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    双六岳頂上 360度の眺望      です。  
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

//////////////////////////////////////////////////

|
|

双六岳 デジブック

北アルプス 双六岳 標高 2,860m 登山のデジブックです。

黒部源流の山々、高山植物が迎えてくれました。  40年振りの再会でした。

|
|

鏡平山荘から弓折乗越、双六小屋へ

登山2日目(27日)

27日の天気予報は「晴れ時々曇り」なるも、朝は山荘の前の谷間に雲があり槍ヶ岳が池に映る景色とご来光は見ることができなかった。
鏡平山荘を出発する午前6時ごろから雲が流れ周囲の山が見えるようになった。

A62_g2626

         鏡平山荘  (26日撮影)

A62_g2649

            鏡平の全景  

弓折乗越に登る途中に谷間の雲が切れてきた。

 

A62_i2872

            シナノキンバイ

A62_g2651

                     弓折分岐(乗越)

A62_i2892

        ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)

A62_g2657

    ハクサンイチゲ(白山一花)  後方は双六岳

A62_i2895

          花見平の雪渓(雪田)

A62_i2889

            花名 確認中

A62_i2905

中央は鷲羽岳(標高2,924m)、その左後方の山は水晶岳(標高2,986m)

          双六小屋が見えてきた。

A62_i2906

           シャクナゲ(石楠花)

A62_i2907

         コイワカガミ(小岩鏡)

A62_i2909

   クロユリ (双六小屋の南100mのお花畑にて撮影)

A62_g2669

            双六小屋 (標高2,550m)

鏡平山荘から通常は2時間少しで双六小屋に到着できるようですが、写真を撮りながら10kg以上の荷物を担いでの登り道なので長くは体が動かない(*- -)(*_ _)
今日はこの双六小屋に泊まることにした。

荷物を小屋に預け身軽になって、さあ!双六岳(標高2,860m)に登ります。

                     撮影 H22.7.27

      続く・・次は   
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    
      双六岳頂上             です。     
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

///////////////////////////////////////////////

  

|
|

2010年7月26日 (月)

北アルプス 鏡平

小池新道のイタドリが原から雪渓、コバイケソウを見ながらシシウドが原へ。

A62_i2835

弓折岳(標高2,588m)からの雪渓が残るシシウドが原(標高2,090m)

A62_i2832

           コバイケソウ

A62_i2840

      シシウドが原の雪渓 後方は西穂高岳

A62_i2862

鏡平(標高2,300m)の鏡池から望む槍穂連峰

左から・・槍ヶ岳~大喰岳~中岳~南岳~大キレット~北穂高岳

A62_g2620

               鏡池と槍穂連峰

午後1時30分鏡平山荘に到着、雨が落ちてきた。

                          撮影 H22.7.26

       続く・・次は  
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   
   鏡平山荘から弓折乗越、双六小屋へ     です。  
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

///////////////////////////////////////////

|
|

北アルプス 小池新道

今日から小池新道を登って鏡平山荘、双六小屋に泊まり、双六岳(標高 2,860m)を往復する山登りをした。

40年も前、北アルプス裏銀座縦走をした時に双六小屋から小池新道を下り新穂高温泉に下山した。 
40年振りに登る双六岳で、高山植物と槍、穂高連峰の眺望が目的である。

///////////////////////////////////////////////////////

今回の登山 一日目  7月26日

A62_i2997

             小池新道入口

A62_i2787

                             小池新道入口

A62_g2612

          秩父沢の雪渓 
数日前に雪渓のすぐ下に沢を渡る橋が掛けられました。
今年は雪が多く寒かったのでしょうか。

A62_i2845

              シシウドヶ原

出発した新穂高温泉(標高1,100m)から標高差約1,000m登ってきた。

                     撮影 H22年7月26日

      続く・・次は 
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   
    北アルプス 鏡平       です。  
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

/////////////////////////////////////////////

|
|

2010年7月10日 (土)

蓮と大和三山 デジブック

7月10日、再度、藤原宮跡の蓮を写した。 日本初代の都、藤原京、 当時も綺麗な
蓮が咲いていたことでしょう。

|
|

2010年7月 8日 (木)

藤原宮跡のハス

橿原市の藤原宮跡の朝堂院跡東側にある約千坪の池で昨年からハスが咲き始めた。唐招提寺(奈良市)などから株分けされた白い八重の碧台蓮(へきだいれん)や、皇居和蓮(われん)など11種類が咲いている。

B3h_5083

           後方は大和三山の畝傍山

B3h_5086

            ハスが咲き誇っている

B3h_5137_2

大賀蓮が唐招提寺から寄贈され、その他約11種類のハスが奈良県の団体から寄贈され咲いています。

B3h_5172

            清楚な姿がとても綺麗

B3h_5295

 ハスの花は3~4日で咲き終え次から次へ花を咲かせます

                              撮影 H22. 7. 7

デジブック 「藤原宮跡のハス」をアップしました。

////////////////////////////////////////////////////////

|
|

2010年7月 1日 (木)

ハス

ハスは仏教では泥水の中から生じ、清浄な美しい花を咲かせる姿から智慧や慈悲の

象徴とされている。 今年も葛城山の麓でハスが咲いていた。 

             白いハスをアップした

B62img_4996

                 ハス

B62img_4999

          花弁の先が少し桃色のハス

B62img_5006

             /////////////////

B62img_5023

   「蓮は泥より出でて泥に染まらず」言われている。          

                                撮影 H22.7.1

//////////////////////////////////////////////////

|
|

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »