« 双六岳 デジブック | トップページ | 双六岳頂上 360度の眺望 »

2010年7月27日 (火)

双六岳頂上へ 

双六小屋にリュックを預け、デジカメ2台持って双六小屋横の登山道に向かった。
今日は登山2日目、若い時は黒部五郎岳まで行くのであろうが還暦をとっくに過ぎているからこの双六小屋でストップしてしまった。今、まだ午前10時過ぎ、時間はあるが体が動かぬ。

A62_g2675

            双六小屋前

A62_g2676

          双六岳登山道を登りはじめた

A62_g2684

   中央が鷲羽岳、その左奥が水晶岳(別名 黒岳)

A62_i2913

                 双六岳

A62_i2919

双六岳への登山案内板  直登コースは雪渓が残っているので危険、このまま山裾を廻りこむ中道を進み、春道の標識に従って双六岳に登れとの指示

A62_i2922

双六岳雪渓にある双六小屋水源地、この雪渓は一年中残っているようである。

A62_g2695

雪渓が溶けてお花畑になる。  ハクサンイチゲ、シナノキンバイが辺り一面に咲いている。 

A62_g2719

双六岳中道のお花畑と黒部源流の山々

写真左から 祖父岳(標高2,825m) 水晶岳(2,986m 別名 黒岳)
ワリモ岳(2,888m) 鷲羽岳(2,924m)

/////////////////////////////////////////////

A62_i2940

双六岳頂上が見えた。  これから春道を登ります。

A62_i29337

雷鳥の親子が迎えてくれました。

A62_i2935

周氷河地形で岩が石屑のようになっている。周氷河地形とは凍結破砕作用(水が凍り岩を砕く)を繰り返し、山がなだらかなスロープ状になっていく。

A62_g2727

双六岳頂上から登ってきたスロープ(周氷河地形)を振り返る 

風雪にさらされている立ち木の双六岳頂上標識には「双六岳山頂2860m」と掘り込まれている。

                            撮影 H22年7月27日

        続く・・次は   
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
    双六岳頂上 360度の眺望      です。  
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

//////////////////////////////////////////////////

|
|

« 双六岳 デジブック | トップページ | 双六岳頂上 360度の眺望 »