« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月23日 (土)

槍ヶ岳 登山記録 Part10

槍ヶ岳登山 NO10 (槍 穂高 さようなら) 4日目  H23年7月15日

槍平小屋では3泊目も1泊目と同じ部屋に一人で宿泊させて頂いた。 夜にはお月さんが穂高の山の横に姿を見せていた。 

朝の北穂高岳  涸沢岳     今日も快晴                        

                      槍平小屋の部屋から撮影

H8img_5057

  朝の穂高連峰     撮影 5時10分

H8img_5059

  朝日を受ける涸沢岳

                  撮影  5時10分

H8img_5063

                   撮影 6時20分

*****************************************************************

/////////////////////////////////////////////////////////
  槍ヶ岳 穂高連峰 さようなら  
//////////////////////////////////////////////////////// 


 新穂高温泉に向けて下山します。   槍平小屋 6時55分 出発

H8img_5067

 槍平小屋に通じる木橋   槍平は水が豊富です。

H8img_5068

 木橋を渡って槍平をあとにする

H8img_5075

 穂高連峰  空は快晴

H8img_5076

 穂高連峰

*****************************************************

H8img_5088

 南沢  上りと同じ道を下る。

H8img_5098

  南沢、滝谷出合い間

  画像の下矢印 「シンホ」(新穂高温泉) 

H8img_5099

  この石が登山道

H8img_5096

  登山道は石の上を歩く

H8img_5092

  石の登山道がずっと続く

H8img_5101

 シャクナゲ

H8img_5103

 滝谷出会にある藤木 九三レリーフ

H8img_5105

 藤木レリーフ (岩にはめ込まれている Part1にも画像アップ) 

H8img_5109

 滝谷出会   

 北穂高岳 滝谷ドーム また来る日まで  さようなら!

H8img_5112

  滝谷出会からズームアップ

H8img_5114

 笠ヶ岳の山並み

H8img_5117

  白出沢

H8img_5120

  オオヤマレンゲ

奥穂高登山口の近くに咲いていた。 関西の最高峰の八経ヶ岳と弥山に咲くオオヤマレンゲは天然記念物に指定され関西の登山者には良く知られている。

花を見たのは初めてでした。

H8img_5123

 オオヤマレンゲ

H8img_5132

 中部森林管理局の案内板が立てられていました。

H8img_5128

  清楚でとっても綺麗です。

H8img_5142

  右俣谷  一般車両通行止めゲート

H8img_5145

 新穂高温泉に下山  11時20分

 新穂高連温泉から仰ぐ笠ヶ岳 抜戸岳

H8img_5148

  新穂高温泉

  

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

  4日間の槍ヶ岳登山で槍ヶ岳頂上に43年振りに再び
    立つことができました。 あらためて日本の美しさを
  感じております。     H23年7月 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

|
|

2011年7月22日 (金)

槍ヶ岳 登山記録 Part9

槍ヶ岳登山  NO9 (槍平から仰ぐ穂高連峰) 3日目  H23年7月14日

中崎尾根の奥丸山分岐点から標高差400mの槍平小屋に下る。 傾斜が急で細く砂礫がむき出して滑りやすい所もあり、木の根っこが多い下り道なので両脇の草木、根っこを捕まえて慎重に下った。  (下りの所要時間 45分)

槍平小屋に12時過ぎに到着、 一般の登山者は更に3時間30分かけて新穂高温泉まで下山出来るが、昨日槍平小屋に預けた大きいザックの荷物を加え単独での下山で脚力年齢を考えたら無理はせず安全第一に行動することが登山の基本なので、今日は槍平小屋に宿泊する(3泊目)ことにした。

まづは ~ ビール! 一人で(^.^)乾杯!  喉越し良く 2本も飲んでしまった(*^_^*)

宿泊手続きをして案内された部屋は、一昨日(1泊目)と同じ個室だったので大変気を良くして、ゆっくりすることが出来た。 改めて槍平小屋の皆様にお礼を申しあげます。

////////////////////////////////////////////////////
槍平小屋から仰ぐ   夕暮れの穂高連峰
////////////////////////////////////////////////////

日暮の7時まで6時間近くも槍平小屋周辺の景色を満喫した。

H8img_5002

  槍平小屋

H8img_4996

 ミヤマキンポウゲ

H8img_5015

 槍平  中崎尾根に行く木橋 

                    撮影 16時

  

H8img_5021

 槍平  左が中崎尾根

H8img_5022

 穂高連峰 (北穂高岳 涸沢岳)

                 撮影 18時10分

H8img_5023

 北穂高岳  滝谷ドーム

H8img_5025

 北穂高岳 滝谷ドーム 涸沢岳

H8img_5031

 涸沢岳

H8img_5034

 槍平小屋の宿泊した部屋から

                  撮影 18時10分

H8img_5035

 同上

H8img_5040

 テント場横の川原で    北穂高  涸沢岳

                      撮影 18時25分

H8img_5041

   槍平 川原にて      撮影 18時25分

H8img_5048

  涸沢岳の右奥に現れた奥穂高岳    撮影 18時30分

  槍平からはテント場のこの場所しか見れない

H8img_5052

    夕暮れ時の涸沢岳    撮影 18時35分

H8img_5053

   夕暮れ時の北穂高岳 滝谷ドーム

                   撮影 18時35分

********************************************

 夕暮れ時の素晴らしい穂高連峰でした。

  3泊目  槍平小屋でゆっくり休みました。

********************************************

/////////////////////////////////////////////////////////////

   次は 槍ヶ岳登山 Part10 

   新穂高温泉へ下山   

   槍ヶ岳 穂高連峰 また会える日まで

/////////////////////////////////////////////////////////////

|
|

槍ヶ岳 登山記録 Part8

槍ヶ岳登山 NO8 (圧巻!槍穂高) 3日目 H23年7月14日

中崎尾根の登山道は登山者が少なかったのか草が深いところは見難い所もあったが天候が良いので迷うことはなかった。 一箇所、登山道の西側が崩れていて慎重に下った。崖の反対斜面にはニッコウキスゲが群生して咲いていて大変綺麗だった。 崖とニッコウキスゲに気をとられたのか、カメラのISOのダイアルがオートから1000に替わってしまい10枚程度粒子の粗い写真になってしまった。 小っちゃな 小っちゃなミスでした(^・^)

ガイドブックに掲載されているように中崎尾根から見る槍・穂高連峰は次の画像のとおり素晴らしかった。  笠ヶ岳方面は中崎尾根に入ってから稜線に雲がかかってしまった。

/////////////////////////////////////////////////////////////
 中崎尾根から槍・穂高 笠ヶ岳を展望 
/////////////////////////////////////////////////////////////

H8img_4898

 穂高連峰  右俣谷  右の尾根が中崎尾根

H8m_4892

 シナノキンバイ

B8i_1979

 シシウド  笠ヶ岳 

B8i_1980

  コバイケイソウ 笠ヶ岳

B8i_1981

 カラマツソウ

H8img_4903

 槍ヶ岳 大喰岳 飛騨沢

H8img_4904

 穂高連峰

H8img_4912

 飛騨沢  槍ヶ岳

H8img_4920

 槍ヶ岳  大喰岳  中岳

H8img_4935

 南岳 大キレット 北穂高岳 涸沢岳 奥穂高岳 西穂高岳

H8img_4936

 穂高連峰

H8img_4942

 槍ヶ岳

H8img_4954

 穂高連峰    滝谷ドームも見える

H8img_4961

 笠ヶ岳の山稜

H8img_4970

 下ってきた西鎌尾根から中崎尾根

H8img_4978

 南岳から大キレット 北穂高岳 涸沢岳

H8img_2018

 中崎尾根 奥丸山と槍平の分岐点

奥丸山(標高2440m)(この分岐点から上り20分 標高差50m))は穂高連峰と笠ヶ岳の展望台である。すでに穂高、笠ヶ岳の稜線に雲が架かってきたので今までの景色と遜色が無いだろうと思って奥丸山に登らず槍平に下る。

B8i_2015

   奥丸山 槍平への分岐標識

B8i_2040

 穂高連峰

 足元の悪い登山道を槍平に向けて下ります。

B8i_2034

  同上  穂高連峰

 槍平小屋 到着 12時15分  

 天候にも恵まれゆっくり下山、4時間45分の素晴らしい稜線漫歩でした。

 (ガイドブックでは3時間45分くらいの所要時間です)

/////////////////////////////////////////////////

     次は  槍ヶ岳登山 Part9  

   槍平小屋から仰ぐ北穂高岳 涸沢岳

/////////////////////////////////////////////////

   

|
|

2011年7月21日 (木)

槍ヶ岳 登山記録 Part7

槍ヶ岳登山 NO7 (千丈沢乗越)  3日目    H23年7月14日

いやあ~  素晴らしい景色だった。

千丈沢乗越で少し休憩、 この景色を目に焼き付けたかった。

///////////////////////////////////////
 千丈沢乗越 
///////////////////////////////////////

青空で天候が良く空気が澄んで素晴らしい景色でした。

H8img_4876

千丈沢乗越  (標高2720余m)  

H8img_4877

千丈沢乗越

H8img_4878

右は双六岳へ通ずる西鎌尾根

/////////////////////////////////////////////////////////

ここでカメラを振ります。

H8img_4882

硫黄尾根

H8img_4883

槍ヶ岳

H8img_4884

北鎌尾根を入れた槍ヶ岳

B8g_4885

千丈沢乗越から  槍ヶ岳 大喰岳  (逆光 なんのその)

H8img_4886

 標識杭も入れて槍ヶ岳

長野県側からの槍ヶ岳を見慣れていますが、この岐阜県側(飛騨)から見る槍ヶ岳も味があります

****************************************************

高山植物がいたるところで咲いています。 

雪渓が融け7月の梅雨明けに一斉に咲き一年で一番綺麗な時です。

H8m_4865

 槍の穂とハクサンイチゲ(白山一華)

H8m_4867

 ヨツバシオガマ

H8m_4870

  ハクサンイチゲ

///////////////////////////////////////////////

千丈沢乗越の東西南北、素晴らしい景色です。

H8img_4849

かなり下りました 大喰岳と昨日登った飛騨沢の登山道

H8img_4890

 西鎌尾根

B8i_1954

 焼岳  乗鞍岳は雲が寄せています

B8i_1956

 穂高連峰       北穂高岳から西穂高岳

H8img_1958

 笠ヶ岳   上空にちょっぴり雲

H8img_1960

大喰岳

H8img_1965

槍ヶ岳の稜線と飛騨沢

H8img_1969

飛騨沢と中崎尾根との分岐点

*******************************************************

今夜の宿泊を、今朝槍ヶ岳山荘の公衆電話で槍平小屋にかけたが運が悪く電波の具合で通じなかった。 12時までには槍平小屋に到着して宿泊の正式申し込みしなければという思いがあった。 西鎌尾根をガイドブック通りの1時間で下ったのはこの理由であった。

下山ルートは飛騨沢か中崎尾根か   こんなに登山者が少なければ中崎尾根の登山道は草で覆われて迷うことはないだろうかと頭をよぎった。

飛騨沢と中崎尾根の分岐点に到着、早く下ってきたため時間的余裕もあり天候も良く、地形も良く分かるので遅くとも12時位には槍平小屋には行けるだろうと判断、当初から行きたかった中崎尾根を縦走して穂高連峰、笠ヶ岳を見ようと足を右の尾根へ向けた。

/////////////////////////////////////////////////////

山登りではいつもネットの国土地理院「電子国土ポータブル」から印刷した地図を持って出かける。 どんな山登りでも(ハイキングでも)登山を始めた20歳台からこの国土地理院の地図を持つことにしている。私はこの国土地理院の地図を見ることが好きなのである。 

今回も新穂高温泉から槍ヶ岳までをカバーした4500分の1(等高線10m毎、距離100mが2センチ)と9000分1地図をA4用紙裏表印刷の8枚(計16枚の地図)を持っている。 前述のアルペンガイドの今回の登山ルートの該当ページのコピーも持っている。

/////////////////////////////////////////////////////

///////////////////////////////////////////////////

 次は 槍ヶ岳登山 Part 8  中崎尾根 

     槍ヶ岳 穂高連峰の展望尾根   

///////////////////////////////////////////////////

|
|

槍ヶ岳 登山記録 Part6

槍ヶ岳登山 NO6 (西鎌尾根を下る)  3日目  H23年7月14日

計画時点で上りか下りに西鎌尾根を通過してみたい気持ちを持っていた。 43年前に東鎌尾根を上り、槍から大キレット、穂高連峰を縦走したので十字の尾根で高度の登山技術が必要な北鎌尾根を除けばこの西鎌尾根通過を心待ちしていた。

天候は快晴、視界360度、登山道は下り道で体力消耗は小ない、高山植物はいたる所に咲いている、最高の稜線漫歩である。

////////////////////////////////////////
 西鎌尾根
///////////////////////////////////////

3000mの絶景に名残惜しいが素晴らしい景色が望める西鎌尾根を下ります。 7時30分下山開始

H8img_1926

 槍ヶ岳山荘と槍ヶ岳の中間から西鎌尾根に入る

 一人で漫遊の尾根下り

H8img_4809

 これから下る西鎌尾根

H8img_1927

 槍ヶ岳の西側 子槍の岩峰

H8img_1928

 子槍と後立山連峰    雲が湧く白馬岳と鹿島槍ヶ岳

H8img_1929

 笠ヶ岳(標高2897m)

H8img_4812

 西鎌尾根と黒部源流の山々

H8img_4819

 西鎌尾根から飛騨沢 

槍ヶ岳から西鎌尾根を下る時に登山者が一人先に行ったが、それ以降は人影が全くない 尾根道から自分の影を意識してパチリ

結局、中崎尾根を下る11時30分までの4時間、すれ違う登山者は誰もいなかった。

H8img_1932

 イワウメ (岩梅)   

 花名の由来  「岩に咲く梅のような花」

H8img_4811

 正面に笠ヶ岳 

 西鎌尾根から中崎尾根 飛騨沢  

H8img_1952

 左から子槍 槍ヶ岳主峰(3180m) 山荘がある槍ヶ岳の肩

H8img_4822

 大喰岳と飛騨沢

H8img_1953

 大喰岳(標高3101m)と飛騨沢

H8img_4831

 西鎌尾根に続く双六岳(標高2860m)、丸山(2854m)、三俣蓮華岳(2841m)

 中央奥に黒部五郎岳(2840m)

H8img_4827

 手前が硫黄尾根 後ろが黒部源流の山(鷲羽岳 水晶岳 

 真砂岳(2862m) 野口 五郎岳(2924m)

H8img_1959

 槍ヶ岳が遠ざかる

H8img_4833

 西鎌尾根を下る  天候は最高 稜線漫歩一人旅です

H8img_4838

 西鎌尾根

H8img_4839

 西鎌尾根

H8img_4842

 西鎌尾根

H8img_4843

 ミヤマキンポウゲ

H8img_4847

西鎌尾根

B8g_4851

  ツガザクラ (栂桜)  とっても綺麗な花でした

  

H8img_4850

更に遠ざかる槍ヶ岳   千丈沢乗越付近

H8img_4875

千丈沢乗越(標高2720余m) まで下山

ここまでの下山の所要時間 1時間 

二倍の2時間くらいかけ、花、景色をゆっくり見ながら下山すればよかったと帰ってから写真を見て思っております。

そんなにも尽きない素晴らしい景色でした。

//////////////////////////////////////////////////

 次は 槍ヶ岳登山 Part7  

  千丈沢乗越から中崎尾根     

///////////////////////////////////////////////////

|
|

2011年7月20日 (水)

槍ヶ岳 登山記録 Part5

槍ヶ岳登山  NO5 (360度の眺望)   3日目   H23年 7月14日

槍ヶ岳山荘は掃除の関係で部屋は遅くとも午前8時までに出なければいけない。 通常は5時から6時頃には山荘を出発する。 多くの人は大キレットを越えて穂高連峰、東鎌尾根から常念岳、または表銀座の燕岳、 西鎌尾根で双六岳、三俣蓮華岳へ縦走。 または上高地か新穂高温泉まで下山する。 

小生はゆっくり下山して最低昼過ぎに槍平小屋に到着し今日は槍平小屋に宿泊すれば良い。 槍平小屋に預けた荷物を加え、一気に新穂高温泉まで下山するには転倒、登山道から逸脱のリスクが増すので避けたほう良いと思った。 登山は安全が第一である。 8時近くまで辺りの景色に見惚れた。

出発時間まで山荘、槍ヶ岳、辺りの景色をカメラに撮り込んだ。

/////////////////////////////////////////
 槍ヶ岳  360度の景色
/////////////////////////////////////////

H8img_1907

 槍ヶ岳山荘 全景    槍ヶ岳を少し登って撮影

H8img_4771

 槍ヶ岳山荘 

H8img_4772

 槍ヶ岳    逆光でもいとわず撮影 

この素晴らしい景色を撮り込まなくっちゃ (*^_^*)

H8img_4775

 大喰岳から前穂高岳  遠く 富士山

H8img_4777

 硫黄尾根と黒部源流の山々  (西鎌尾根下り口から撮影)

H8img_4778

 槍ヶ岳山荘

H8img_4779

 笠ヶ岳

H8img_4780

 笠ヶ岳

H8img_4790

 槍ヶ岳

H8img_4793

 槍沢   常念岳

H8img_4796

 槍ヶ岳と槍ヶ岳山荘

H8img_4808

 槍ヶ岳

H8img_4803

 槍ヶ岳山荘

/////////////////////////////////////////////////////////

  次は NO6 槍ヶ岳 西鎌尾根 Part6

  西鎌尾根を下ります。

/////////////////////////////////////////////////////////

|
|

槍ヶ岳 登山記録 Part4

槍ヶ岳登山 NO4  (ご来光 360度の眺望)   3日目  H23年7月14日

前日、夕暮れの写真が撮りたかったが飛騨沢、西鎌尾根には一面のガスで視界がきかなかった。 最低気温は5度前後なので寒い。風、雨であればもっと寒い。

宿泊環境は今回夏山開始直後の平日で、和室6帖(日本間)に5人、1人に一組の布団(上下の布団)が使用できた。土日と夏休みに入ればこうはいかないだろう。

水は雨水しか無く、洗顔は禁止、歯磨きはブラシだけで歯を磨き、蛇口からチョロチョロとしか出ない水で排水口まで綺麗に流すこともままならず、環境破壊も考慮され歯磨き粉の使用は禁止であった。

部屋の消灯は午後8時30分、共用部分は小さな灯りが夜中中点灯されている。 同室の5名は午後8時には全員眠りについていた。

///////////////////////////////////
 槍ヶ岳 ご来光
///////////////////////////////////

朝4時に目が覚めた。  LEDヘッドライトを持っていたが無くても山荘の外まで出られ歩けた。 空は快晴、あたりには雲は無く、遠くの雲海の上に富士山が見え 天候、景色とも最高だ。

ご来光は槍ヶ岳の右横から上がるようでその辺りが次第に明るくなっていった。  ご来光は午前4時40分前後とのこと

H8img_4680

   14日 午前4時15分過ぎ  

H8img_4681

   富士山が見える            4時15分過ぎ

H8img_4683

   日の出は今すぐです

H8img_1883

  太陽の温度で雲が盛り上っていくようである

H8img_4693

   ご来光     午前4時38分

H8img_4705

 ご来光  空は快晴  最高の景色です

 43年振りに再びこの場所で見ることが出来ました。 感激!

H8img_4743

   富士山

H8img_4744

    槍ヶ岳

H8img_1875

    槍ヶ岳 山頂

////////////////////////////////////////////////////

 

☆朝日を受ける槍ヶ岳、穂高岳より西に位置する山々

H8img_4715_2

 西方向に笠ヶ岳(標高2897m) 抜戸岳(標高2812m)

H8img_4717

 西鎌尾根と黒部源流の山

黒部 五郎岳(標高2840m) 双六岳(2860m) 丸山(2854m) 三俣蓮華岳(2841m) 

H8img_4721

手前左に三俣蓮華岳 鷲羽岳(標高2924m) 中央の祖父岳(2825m)から左に広がる北アルプスの楽園 「雲ノ平」  遠くにどっしりと構える薬師岳(標高2926m)

H8img_4722

 手前 双六岳  後方 黒部五郎岳

昨年夏、この双六岳に登りました(*^_^*)  また、42年前に裏銀座(烏帽子岳から雲の平、三俣蓮華岳、双六岳、新穂高に下山)を縦走したので思い出深い山々です。

(キャノンG7で5倍ズーム撮影 「35ミリフイルム換算約200ミリ望遠」)

///////////////////////////////////////////////////////

 360度の視界  全方位 素晴らしい景色です  (*^_^*)

H8img_4758

 常念岳(標高2857m) 槍ヶ岳、穂高岳の前に聳える名峰です

H8img_4724

 南方向には 遠く乗鞍岳と御嶽山

H8img_4738

大喰岳と 遠く 富士山 南アルプス

H8img_4768

 大喰岳 中岳 南岳 穂高連峰

H8img_4770

 槍沢と穂高連峰  遠く 富士山

//////////////////////////////////////////////////////

 ☆ワイド ズームで写しました

H8img_4754

 真砂岳(標高2862m)から野口 五郎岳(2924m)

後ろに立山連峰(鬼岳2750m 龍王岳2872m 一ノ越を経て立山の主峰 雄山3003m)

(ズーム撮影 こんなに近くなって鮮明に写りました 空が澄んでいた)

H8img_4755

 水晶岳 標高2986m  (別名 黒岳)

////////////////////////////////////////////////////////

 次は NO5  槍ヶ岳と山荘  360度の眺望  

////////////////////////////////////////////////////////

|
|

2011年7月19日 (火)

槍ヶ岳 登山記録 Part3

槍ヶ岳登山 NO3  (槍ヶ岳 登頂)  2日目  H23年7月13日

槍ヶ岳山荘の部屋に荷物を入れてから 12時30分から槍ヶ岳頂上を目指した。

午前中の飛騨沢登山で足も疲労している。 今日の最後の登りと考えて慎重に岩を登った。

///////////////////////////////////////////////
 槍ヶ岳頂上へ
///////////////////////////////////////////////

H8img_1834

 槍ヶ岳の穂先  標高3180m

H8img_1835

 12時30分、ガスが流れる中登り始めた

H8img_1836

 難所にはクサリ、鉄ハシゴがあり

H8img_1837

 飛騨乗越、大喰岳、槍沢も見える

H8img_1838

 上り、下りの一方通行

H8img_1839

 矢印があり このとおり進む

H8img_1840

 少しずつ頂上に向かっている

H8img_1842

 鉄ハシゴ

H8img_1843

 更に登る

H8img_1844

 最後の鉄ハシゴ これを登ると頂上だ!

H8img_1857

 頂上へ

H8img_1858

 頂上のハシゴ

H8img_1856

 三角点の標石

H8img_4655

 槍ヶ岳 頂上

H8img_4663

 標高 3180m

H8img_4664

 頂上直下の岩

H8img_4661

 ガスの切れ間に突然現れた

H8img_1860

 頂上ではガスが流れて周囲の山々は見ることができなかった。

 30分間滞在したので下ります。

H8img_1861

 すぐに長い鉄ハシゴを降りる。

H8img_1863

 槍ヶ岳山荘

H8img_1864

 槍の岩間にハクサンイチゲ

H8img_4667

 槍の岩間にシナノキンバイ

H8img_4671

 同上 シナノキンバイ

H8img_1866

 眼下に槍沢

H8img_1868

 降り立ってから槍ヶ岳を仰ぐ

                   撮影 H23.7.13

/////////////////////////////////////////////////////

 次は 登山記録 Part4 「槍ヶ岳 ご来光」  

/////////////////////////////////////////////////////

|
|

槍ヶ岳 登山記録 Part2

槍ヶ岳登山 NO2   (槍平小屋から槍ヶ岳へ)   2日目 H23.7.13

小屋への予約が早かったのか、まだ登山者が少なかったのか6帖の部屋に一人で寝れた。所謂、個室である。 部屋の窓から真正面に穂高連峰が見えた。

 

朝4時過ぎ、明るくなってきて窓の外を見たら穂高連峰がくっきりと見えた。

一人でつぶやいた。   今日槍ヶ岳に登れる!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の登山はベースキャンプ方式と言うのか、二段ロケット方式とも言うのか、登山初日からあらかじめ3泊用の中ザックに小ザックを入れており、この小ザックに1泊2日に最低必要な雨具、防寒具、着替え、非常食だけを入れ、少しでも荷物を軽くして槍ヶ岳を登ろうと計画していた。 残りの荷物は中ザックに入れて槍平小屋に預かってもらった。

ヤマケイアルペンガイド 渡辺幸雄 著   北アルプス「槍・穂高連峰」のプランニングに
「高所に弱いと思ったら槍平小屋に滞在し、軽い荷物で槍ヶ岳を往復するのも一案。飛騨沢、西鎌尾根、千丈沢乗越、中崎尾根を組み合わせたら良い」との記載あり、このプランを実行させてもらった。

///////////////////////////////////////////////////
 槍平小屋から槍ヶ岳
//////////////////////////////////////////////////

朝、時間が経過する毎に空は青空になっていった

H8img_4563

        午前6時  穂高連峰

ゆっくりして午前7時  槍平小屋を出発 

今日は5時間足を前に出せば槍ヶ岳に到着する!

60歳台後半の椎茸さんの偽らざる気持ちでした(*^_^*) 

H8img_4571

10分程歩いたら登山道の両側はキヌガサソウ一色になった

H8img_4572

  中岳から落ちる「中の沢」を渡る

H8img_4575

ガレ石の登山道と小高い木の中を登る。 遠くに焼岳が見えた

H8img_4577

視界が広がり重厚なシナノキンバイ バックは笠ヶ岳の稜線 

笠ヶ岳(標高28987m)、抜戸岳(標高2812m)にはもう雲が流れてきている

H8img_4580

登山道に腰を下ろして休憩するとすぐ横にクロユリがあった

まだ蕾で数日したら咲くだろう

H8img_4581

頂上の槍ヶ岳の稜線が見えた

H8img_4588

飛騨沢 千丈沢乗越への分岐点

直進して飛騨沢を登れば飛騨乗越へ   左に行けば西鎌尾根の千丈沢乗越へ

千丈沢乗越に登れば景色はいいだろうが30分余計に時間がかかる

体力も考慮して上りは飛騨沢を登ろうと自分に言い聞かす

H8img_4603

ハクサンイチゲ(白山一華)と笠ヶ岳(雲の中)

H8img_4607

 コイワカガミ(小岩鏡)

H8img_4611

 シャクナゲ

H8img_4619

 飛騨沢の左手 西鎌尾根と尖峰

H8img_4620

 飛騨沢の真上 足元の雪渓と槍ヶ岳の稜線

H8img_4622

 飛騨沢の右手  大喰岳の裾野 沢

H8img_4624

 振り返ると、登ってきた飛騨沢と西鎌尾根、双六岳と黒部源流の山々

H8img_4627

飛騨乗越   飛騨と信州を結ぶ日本最高所の峠 標高3020m)

初めて槍ヶ岳が姿を見せた

H8img_4635

飛騨乗越から大喰岳(標高3101m)の稜線  

槍ヶ岳テント場から撮影

H8img_4637

信州側の槍沢と東鎌尾根

殺生ヒュッテとヒュッテ大槍が見える

H8img_4644

 槍ヶ岳   標高3180m  日本第5位

 槍ヶ岳山荘到着 12時

青空が見えていたが山頂を流れる雲は多くなって時折見えなくなることもあった。 

槍ヶ岳山荘に宿泊手続きして部屋に荷物を置いてから槍ヶ岳の山頂を目指した。

 

//////////////////////////////////////////////////

  次は 槍ヶ岳登山 Part3

//////////////////////////////////////////////////

|
|

2011年7月18日 (月)

槍ヶ岳 登山記録 Part1

槍ヶ岳登山 NO1  (新穂高温泉へ)  H23年7月11~12日

43年前の20歳台、夏休み(有給休暇)を利用し会社の友達を1人誘って燕岳から槍ヶ岳 大キレット 北穂高岳 涸沢岳 奥穂高岳を縦走、前穂高への吊り尾根から岳沢を下り上高地へ下山の登山をした経験から、登る体力があればもう一度槍ヶ岳に行ってみたいと思っていた。 昨年夏双六岳に登ったとき槍ヶ岳、穂高連峰を見てその気持ちを強くした。

今年は7月9日に近畿地方の梅雨明けが報じられた。新穂高温泉は12日からは晴れの確率が高いとネットで見て12日から山小屋3泊の予定で単独で槍ヶ岳に行くことにした。

/////////////////////////////////////////////////
 奈良から高山、新穂高温泉へ
/////////////////////////////////////////////////

○11日夜11時30分 自家用車を運転して奈良の自宅を出発

西名阪  名阪国道 東名阪道  東海北陸道 飛騨清見ICから高山へ高山のコンビニで非常食になるチーズ、チョコレート、氷砂糖などを購入、 平湯から新穂高温泉へ  高山から新穂高温泉まで、前後の車は全く見当たらず   少し寂しくなる (-。-)y-゜゜゜ 

○12日午前5時 新穂高温泉 登山者用無料駐車場に到着

C8img_1733

新穂高温泉から笠ヶ岳を仰ぐ  12日 午前6時

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

/////////////////////////////////////////////
新穂高温泉から槍平小屋へ
/////////////////////////////////////////////

新穂高温泉(標高1090m)を出発  12日 午前6時  天候 晴れ

登山届を記入して所定箱に入れる  新穂高ロープウェイ横の右俣林道を進む

C8img_1736

 登山届を提出  右俣 槍・穂高方面へ

C8img_1739

 新穂高ロープウェイの右横 右俣林道を行く

C8img_1740

 すぐに数段の堰堤あり 凄まじい流れである

C8img_1745

林道をショートカットして登山道に入り穂高平小屋前に出る 

穂高平小屋(標高1350m) 7時40分着

C8img_1749

林道が大きく回る柳谷(西穂高岳から落ちる沢)から奥穂高岳登山口の前を8時35分に通過して作業車だけが通れる林道の終点、白出沢(シラダシサワ)に到着(標高1540m)

C8img_1754

白出沢(シラダシサワ)  標高1540m 9時00分到着 

右俣谷より400m高い所の広い沢なので方角と登山道も分かりにくい。

沢、登山道につけられた目印(竿と赤い帯状の布)を見つけながら登ろう

ここで小休憩 久しぶりの運動でおにぎり4個がペロリと食べられた(*^_^*)

C8img_1756

白出沢を出発して20分、谷らしき所が見当たらなかったがこの辺りがブドウ谷  急斜面の横道登山道で石階段を登って行く。 梅雨があけてすぐなので登山者が少ないのか、ゆっくり登っているが追い越し追いつく人はいない。槍平から下ってきた数組と顔を合わせただけであった。

単独登山なので、石につまずく事、道を踏み外す事はしてはならない。道を踏み外せば急斜面を数10m下の谷底の川まで落ち岩などにも当ったりして無事では済まないだろう。また落ちたことが分からず助けてくれる人もいない、非常に危険である。今回の登山では最大の注意を払って一歩一歩慎重に登った。  

C8img_1758

チビ谷に残る不安定な雪渓 (10時10分 雪渓の上を通過する)  

出発前に見てきた槍平小屋のHPに「チビ谷の雪渓が不安定、十分注意して渡るように」と記載されていた。

雪渓の上を通過するように「道しるべ」がされていたが雪渓の厚さは薄く下は空洞で数mの高さなので雪渓の手前で少し躊躇したが思い切って足早に雪渓を渡った。案外怖いものである !(^^)!

C8img_1764

 滝谷出会  標高 1760m 10時40分到着

3日前から通常時より100mくらい沢の上部に木橋がかけられていた。まだ流れる水が多いいからである。(事前に槍平小屋HPで把握していた)

C8img_1766

 滝谷出会の木橋

C8img_1767

 滝谷出会から仰げば北穂高岳と滝谷ドーム

C8img_1769

 滝谷の奥をアップ 滝も見える(雄滝かな?)

C8img_1770

 滝谷の沢を渡って振り返る

C8img_1771

 滝谷の沢と滝谷ドーム

 登山者は沢上部の木橋まで登る

C8img_1772

 滝谷出会にある滝谷避難小屋(無人)

C8img_1774

 滝谷初登はん者 藤木 九三のレリーフ

 滝谷出会の谷を渡った右手の岩にある

C8img_1776

 藤木レリーフと登山道の常緑針葉樹「オオシラビソ」の樹木

C8img_1777

 藤木レリーフと登山道 「オオシラビソ」の木も写った

C8img_1778

 藤木レリーフ前の景色   前の沢が滝谷出会

C8img_1779

 右俣谷の川  槍平小屋への最後の登り

 槍平小屋は右の山を越えた辺りだ もう少しだ!

C8img_1781

 南沢 標高1900m     

 南岳(標高3032m)からの沢  11時45分通過

  

C8img_1783

 槍平小屋へ通じる木道

 槍平小屋着 12時10分

C8img_1786

 槍平小屋

C8img_1788

 槍平小屋

C8img_1790

 小屋の前にある鐘

//////////////////////////////////////////////

午後1時過ぎから急に雨が降りだし午後6時過ぎまで降り続いた。

槍平小屋に設置のウエザーTV放送では、明日は大きな雨雲が飛騨地方に近づく予報となっている。

明日は雨か・・・

C8img_1795

 北穂高岳  涸沢岳

C8img_1797

午後7時 雲、ガスが流れている。 ようやく青空も見え始めた。

明日の天候はどうなるのかなあ・・・・

雨であれば、2日間この小屋に泊り槍ヶ岳頂上は諦めて3日目に下山しようかとも思った。

    明日の朝に決めよう!

//////////////////////////////////////////////////

 次は 槍ヶ岳 登山記録Part2 

//////////////////////////////////////////////////

  

 

 

 

|
|

2011年7月15日 (金)

槍ヶ岳の花

槍ヶ岳に咲いていた高山植物をデジブックにしました。

7月12日から15日まで飛騨沢から槍ヶ岳登頂、西鎌尾根を下って千丈沢乗越、中崎尾根

を縦走した。

デジブック 槍ヶ岳の花

/////////////////////////////////////////////////////////

併せて デジッブック 槍ヶ岳・・前編 中編 後編  槍ヶ岳穂高岳

の4編をアップしました。

/////////////////////////////////////////////////////////

|
|

2011年7月14日 (木)

槍ヶ岳 穂高岳 2011デジブック

千丈沢乗越から中崎尾根を縦走し、絶景の槍ヶ岳、穂高岳、笠ヶ岳を眺望した。

デジブック 槍ヶ岳 穂高岳

/////////////////////////////////////////////////////

|
|

槍ヶ岳 後編 2011デジブック

西鎌尾根を千丈沢乗越までの360度広がる北アルプスの景色です。

デジブック 槍ヶ岳 後編

//////////////////////////////////////////////////////

|
|

槍ヶ岳 中編 2011デジブック

槍ヶ岳でのご来光と360度の北アルプスの景色です。

デジブック 槍ヶ岳 中編

/////////////////////////////////////////////////////

|
|

2011年7月13日 (水)

槍ヶ岳登山 2011年

7月12日から15日、山小屋3泊4日で北アルプス槍ヶ岳登山をした。

槍ヶ岳は昭和44年に登って以来、実に40数年振りの登頂となった。

写した写真約900枚から画像をピックアップしてデジブックを作成しました。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

◎ 槍ヶ岳 「登山記録」

 登山記録をPart1からPart10の10編に写した画像を入れて
 
アップしました。(投稿日 7月18日から23日)

  登山記録は次からどうぞ→槍ヶ岳登山記録Part1 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

デジブック 槍ヶ岳 前編

/////////////////////////////////////////////////////

次の通り次の記事以降に全5本のデジブックのリンクをアップしました。

ご笑覧ください。

デジブック 槍ヶ岳 中編・・槍ヶ岳でのご来光と360度の景色

            後編・・西鎌尾根での景色

       槍ヶ岳 穂高岳・・中崎尾根での槍穂高、笠ヶ岳

      4日間の高山植物を集めた、デジブック「槍ヶ岳の花

   

////////////////////////////////////////////////////

|
|

2011年7月 9日 (土)

ダリア 菖蒲

馬見丘陵公園に咲いたダリア、菖蒲です。

ダリアの球根出荷数は奈良県が日本一と聞いています。 昨年の9月に「全国都市

緑化ならフェア」が開催されダリアがメインで咲いていました。 

種類が違うのでしょうか、この6月も咲きました。 菖蒲もチョット時期が過ぎましたが

菖蒲園一杯に咲いていました。  コラージュにしました。

A8h11collage

菖蒲のコラージュ

A8h12collage

菖蒲のコラージュ

A8h15collage

ダリア

A8h18collage

アゲハチョウとダリア、菖蒲

A8h20collage

ダリア

A8h21collage

ダリア

A8h23collage

ダリア、菖蒲

                    

                            撮影 H23.6.

////////////////////////////////////////////////////

|
|

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »