« 槍ヶ岳の花 | トップページ | 槍ヶ岳 登山記録 Part2 »

2011年7月18日 (月)

槍ヶ岳 登山記録 Part1

槍ヶ岳登山 NO1  (新穂高温泉へ)  H23年7月11~12日

43年前の20歳台、夏休み(有給休暇)を利用し会社の友達を1人誘って燕岳から槍ヶ岳 大キレット 北穂高岳 涸沢岳 奥穂高岳を縦走、前穂高への吊り尾根から岳沢を下り上高地へ下山の登山をした経験から、登る体力があればもう一度槍ヶ岳に行ってみたいと思っていた。 昨年夏双六岳に登ったとき槍ヶ岳、穂高連峰を見てその気持ちを強くした。

今年は7月9日に近畿地方の梅雨明けが報じられた。新穂高温泉は12日からは晴れの確率が高いとネットで見て12日から山小屋3泊の予定で単独で槍ヶ岳に行くことにした。

/////////////////////////////////////////////////
 奈良から高山、新穂高温泉へ
/////////////////////////////////////////////////

○11日夜11時30分 自家用車を運転して奈良の自宅を出発

西名阪  名阪国道 東名阪道  東海北陸道 飛騨清見ICから高山へ高山のコンビニで非常食になるチーズ、チョコレート、氷砂糖などを購入、 平湯から新穂高温泉へ  高山から新穂高温泉まで、前後の車は全く見当たらず   少し寂しくなる (-。-)y-゜゜゜ 

○12日午前5時 新穂高温泉 登山者用無料駐車場に到着

C8img_1733

新穂高温泉から笠ヶ岳を仰ぐ  12日 午前6時

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

/////////////////////////////////////////////
新穂高温泉から槍平小屋へ
/////////////////////////////////////////////

新穂高温泉(標高1090m)を出発  12日 午前6時  天候 晴れ

登山届を記入して所定箱に入れる  新穂高ロープウェイ横の右俣林道を進む

C8img_1736

 登山届を提出  右俣 槍・穂高方面へ

C8img_1739

 新穂高ロープウェイの右横 右俣林道を行く

C8img_1740

 すぐに数段の堰堤あり 凄まじい流れである

C8img_1745

林道をショートカットして登山道に入り穂高平小屋前に出る 

穂高平小屋(標高1350m) 7時40分着

C8img_1749

林道が大きく回る柳谷(西穂高岳から落ちる沢)から奥穂高岳登山口の前を8時35分に通過して作業車だけが通れる林道の終点、白出沢(シラダシサワ)に到着(標高1540m)

C8img_1754

白出沢(シラダシサワ)  標高1540m 9時00分到着 

右俣谷より400m高い所の広い沢なので方角と登山道も分かりにくい。

沢、登山道につけられた目印(竿と赤い帯状の布)を見つけながら登ろう

ここで小休憩 久しぶりの運動でおにぎり4個がペロリと食べられた(*^_^*)

C8img_1756

白出沢を出発して20分、谷らしき所が見当たらなかったがこの辺りがブドウ谷  急斜面の横道登山道で石階段を登って行く。 梅雨があけてすぐなので登山者が少ないのか、ゆっくり登っているが追い越し追いつく人はいない。槍平から下ってきた数組と顔を合わせただけであった。

単独登山なので、石につまずく事、道を踏み外す事はしてはならない。道を踏み外せば急斜面を数10m下の谷底の川まで落ち岩などにも当ったりして無事では済まないだろう。また落ちたことが分からず助けてくれる人もいない、非常に危険である。今回の登山では最大の注意を払って一歩一歩慎重に登った。  

C8img_1758

チビ谷に残る不安定な雪渓 (10時10分 雪渓の上を通過する)  

出発前に見てきた槍平小屋のHPに「チビ谷の雪渓が不安定、十分注意して渡るように」と記載されていた。

雪渓の上を通過するように「道しるべ」がされていたが雪渓の厚さは薄く下は空洞で数mの高さなので雪渓の手前で少し躊躇したが思い切って足早に雪渓を渡った。案外怖いものである !(^^)!

C8img_1764

 滝谷出会  標高 1760m 10時40分到着

3日前から通常時より100mくらい沢の上部に木橋がかけられていた。まだ流れる水が多いいからである。(事前に槍平小屋HPで把握していた)

C8img_1766

 滝谷出会の木橋

C8img_1767

 滝谷出会から仰げば北穂高岳と滝谷ドーム

C8img_1769

 滝谷の奥をアップ 滝も見える(雄滝かな?)

C8img_1770

 滝谷の沢を渡って振り返る

C8img_1771

 滝谷の沢と滝谷ドーム

 登山者は沢上部の木橋まで登る

C8img_1772

 滝谷出会にある滝谷避難小屋(無人)

C8img_1774

 滝谷初登はん者 藤木 九三のレリーフ

 滝谷出会の谷を渡った右手の岩にある

C8img_1776

 藤木レリーフと登山道の常緑針葉樹「オオシラビソ」の樹木

C8img_1777

 藤木レリーフと登山道 「オオシラビソ」の木も写った

C8img_1778

 藤木レリーフ前の景色   前の沢が滝谷出会

C8img_1779

 右俣谷の川  槍平小屋への最後の登り

 槍平小屋は右の山を越えた辺りだ もう少しだ!

C8img_1781

 南沢 標高1900m     

 南岳(標高3032m)からの沢  11時45分通過

  

C8img_1783

 槍平小屋へ通じる木道

 槍平小屋着 12時10分

C8img_1786

 槍平小屋

C8img_1788

 槍平小屋

C8img_1790

 小屋の前にある鐘

//////////////////////////////////////////////

午後1時過ぎから急に雨が降りだし午後6時過ぎまで降り続いた。

槍平小屋に設置のウエザーTV放送では、明日は大きな雨雲が飛騨地方に近づく予報となっている。

明日は雨か・・・

C8img_1795

 北穂高岳  涸沢岳

C8img_1797

午後7時 雲、ガスが流れている。 ようやく青空も見え始めた。

明日の天候はどうなるのかなあ・・・・

雨であれば、2日間この小屋に泊り槍ヶ岳頂上は諦めて3日目に下山しようかとも思った。

    明日の朝に決めよう!

//////////////////////////////////////////////////

 次は 槍ヶ岳 登山記録Part2 

//////////////////////////////////////////////////

  

 

 

 

|
|

« 槍ヶ岳の花 | トップページ | 槍ヶ岳 登山記録 Part2 »