« 槍ヶ岳 登山記録 Part1 | トップページ | 槍ヶ岳 登山記録 Part3 »

2011年7月19日 (火)

槍ヶ岳 登山記録 Part2

槍ヶ岳登山 NO2   (槍平小屋から槍ヶ岳へ)   2日目 H23.7.13

小屋への予約が早かったのか、まだ登山者が少なかったのか6帖の部屋に一人で寝れた。所謂、個室である。 部屋の窓から真正面に穂高連峰が見えた。

 

朝4時過ぎ、明るくなってきて窓の外を見たら穂高連峰がくっきりと見えた。

一人でつぶやいた。   今日槍ヶ岳に登れる!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の登山はベースキャンプ方式と言うのか、二段ロケット方式とも言うのか、登山初日からあらかじめ3泊用の中ザックに小ザックを入れており、この小ザックに1泊2日に最低必要な雨具、防寒具、着替え、非常食だけを入れ、少しでも荷物を軽くして槍ヶ岳を登ろうと計画していた。 残りの荷物は中ザックに入れて槍平小屋に預かってもらった。

ヤマケイアルペンガイド 渡辺幸雄 著   北アルプス「槍・穂高連峰」のプランニングに
「高所に弱いと思ったら槍平小屋に滞在し、軽い荷物で槍ヶ岳を往復するのも一案。飛騨沢、西鎌尾根、千丈沢乗越、中崎尾根を組み合わせたら良い」との記載あり、このプランを実行させてもらった。

///////////////////////////////////////////////////
 槍平小屋から槍ヶ岳
//////////////////////////////////////////////////

朝、時間が経過する毎に空は青空になっていった

H8img_4563

        午前6時  穂高連峰

ゆっくりして午前7時  槍平小屋を出発 

今日は5時間足を前に出せば槍ヶ岳に到着する!

60歳台後半の椎茸さんの偽らざる気持ちでした(*^_^*) 

H8img_4571

10分程歩いたら登山道の両側はキヌガサソウ一色になった

H8img_4572

  中岳から落ちる「中の沢」を渡る

H8img_4575

ガレ石の登山道と小高い木の中を登る。 遠くに焼岳が見えた

H8img_4577

視界が広がり重厚なシナノキンバイ バックは笠ヶ岳の稜線 

笠ヶ岳(標高28987m)、抜戸岳(標高2812m)にはもう雲が流れてきている

H8img_4580

登山道に腰を下ろして休憩するとすぐ横にクロユリがあった

まだ蕾で数日したら咲くだろう

H8img_4581

頂上の槍ヶ岳の稜線が見えた

H8img_4588

飛騨沢 千丈沢乗越への分岐点

直進して飛騨沢を登れば飛騨乗越へ   左に行けば西鎌尾根の千丈沢乗越へ

千丈沢乗越に登れば景色はいいだろうが30分余計に時間がかかる

体力も考慮して上りは飛騨沢を登ろうと自分に言い聞かす

H8img_4603

ハクサンイチゲ(白山一華)と笠ヶ岳(雲の中)

H8img_4607

 コイワカガミ(小岩鏡)

H8img_4611

 シャクナゲ

H8img_4619

 飛騨沢の左手 西鎌尾根と尖峰

H8img_4620

 飛騨沢の真上 足元の雪渓と槍ヶ岳の稜線

H8img_4622

 飛騨沢の右手  大喰岳の裾野 沢

H8img_4624

 振り返ると、登ってきた飛騨沢と西鎌尾根、双六岳と黒部源流の山々

H8img_4627

飛騨乗越   飛騨と信州を結ぶ日本最高所の峠 標高3020m)

初めて槍ヶ岳が姿を見せた

H8img_4635

飛騨乗越から大喰岳(標高3101m)の稜線  

槍ヶ岳テント場から撮影

H8img_4637

信州側の槍沢と東鎌尾根

殺生ヒュッテとヒュッテ大槍が見える

H8img_4644

 槍ヶ岳   標高3180m  日本第5位

 槍ヶ岳山荘到着 12時

青空が見えていたが山頂を流れる雲は多くなって時折見えなくなることもあった。 

槍ヶ岳山荘に宿泊手続きして部屋に荷物を置いてから槍ヶ岳の山頂を目指した。

 

//////////////////////////////////////////////////

  次は 槍ヶ岳登山 Part3

//////////////////////////////////////////////////

|
|

« 槍ヶ岳 登山記録 Part1 | トップページ | 槍ヶ岳 登山記録 Part3 »