« 焼岳展望台 | トップページ | 「西穂独標」デジブック »

2011年10月28日 (金)

一休寺

京田辺にある一休寺(酬恩庵)から甘南備山(標高221m)を歩いた。

****************************

酬恩庵 一休寺  (概略と歴史)

酬恩庵(しゅうおんあん)は京都府京田辺市にある臨済宗大徳寺派の寺院である。山号は霊瑞山。本尊は釈迦如来。一休寺(いっきゅうじ)とも称される。枯山水の石庭や一休和尚の木像のほか、納豆の一種である「一休寺納豆」でも有名。

正応年間(1288- 1293年)に南浦紹明が開いた妙勝寺が前身である。元弘年間(1331- 1334年)に兵火にあって衰退していたのを、康正2年(1456年)に一休宗純が草庵を結んで中興し宗祖の遺風を慕い師恩に酬いる意味で酬恩庵と号した。その後、一休は文明13年11月21日(1481年12月12日)、88歳で亡くなるまでをここで過ごし臨終の際には「死にとうない」と述べたと伝わる。なお、金春禅竹が総門のまえで一休のために能を演じたという。

永禄3年(1650年)、前田利常が伽藍を再興し狩野探幽によって描かれた障壁画43面を納め江戸幕府から朱印状が与えられた。

****************************

D3img_2451

   酬恩庵 (一休寺) 総門

D3img_2419

D3img_2424

     酬恩庵 一休寺

D3img_2427

    方丈庭園(名勝指定)

D3img_2429

  画 狩野探幽(H22年製作 デジタル複製)

D3img_2428

    襖 (複製 以下同 ) 

D3img_2430

     襖

D3img_2431

     襖

D3img_2437

     襖

D3img_2447

  掛け軸(宝物殿に所蔵)

D3img_2450

   一休さん 銅像 (寺の庭内)

B3img_2448

    一休さん 銅像 (寺の庭内)

                   撮影 H23年10月28日

////////////////////////////////////////

|
|

« 焼岳展望台 | トップページ | 「西穂独標」デジブック »