登山

2014年1月24日 (金)

霧氷 高見山2014年

1月24日 快晴  高見山に登った   冬の高見山登山は5回目である

道路の凍結を心配するあまり 自宅出発7時 高見山登山口(杉谷)到着8時40分

登山開始8時50分

霧氷は太陽の光で次々に融けて落下してしまった(*^。^*)

今回は青空だけが綺麗な高見山となった

A8pew_b5108

 

           高見山 東尾根

A8tw_s075

 
         頂上近くの登山尾根道  高見山

A8tw_s091

           エビのシッポ(霧氷)

A8tw_s099

          もうすぐ 頂上

A8tw_5196

           登山道を振り返る

A8tw_s160

          山頂の避難小屋

A8tw_s115

         高見山山頂  1月24日

A8tw_s124

           高見山 山頂

**********************

       東尾根から見た高見山

**********************

A8tw_5088

             東尾根  2ピーク目 遠景 三峰山

A8tw_5083

        高見山 北斜面の霧氷

A8tw_5116

     2ピーク目から振り返る  高見山

A8tw_5135

             高見山 1,248.9m

A8tw_5137

             高見山

A8tw_5134

             高見山

A8tw_5130

            三峰山 1,235m

A8tw_5139

         ロープも設置あり

A8tw_5155

 

        北斜面なので雪も融けにくい

A8tw_5158

          東尾根の2ピーク目

///////////////////////////////////////////////////

         高見山 山頂の霧氷

A8tw_5189

            山頂の霧氷

A8tw_5195

            山頂の霧氷

A8tw_5188

            山頂の霧氷

 

                         撮影  H26年1月24日

/////////////////////////////////////////////////////

|
|

2013年10月 6日 (日)

涸沢の紅葉

北アルプス 涸沢カールの紅葉が見頃である。

10月2日から5日に涸沢カールの紅葉を堪能した。

10月2日朝・・奈良の自宅を出発・・・上高地宿泊

   3日・・・上高地から横尾を経由して涸沢へ 涸沢ヒュッテ宿泊

   4日・・・パノラマコースの屏風ノ耳、涸沢カールを紅葉散歩

                              涸沢ヒュッテ宿泊

   5日朝・・・涸沢カール散策 してから下山   横尾から上高地へ

         自宅へ夜間帰宅

/////////////////////////////////////////////////////////

涸沢の紅葉                 撮影   H25年10月3日~5日

A8_3521

               涸沢の紅葉

A8img_3056

         涸沢ヒュッテ横から撮影

A8_3529

               涸沢

A8img_3544

         ナナカマドの紅葉   涸沢槍

A8_3546

             北穂高岳

A8_3578

              涸沢

A8_3568

              涸沢

A8_3660

       涸沢  ザイテングラート

A8img_3487

              涸沢

A8img_3723

           涸沢と前穂高岳

/////////////////////////////////////////////

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
      パノラマコースから望む紅葉の槍ヶ岳 穂高連峰   
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

涸沢から屏風ノ耳 標高2,565.4m を往復

A8img_3263

              槍ヶ岳

A8img_3337

 

         前穂高岳  奥穂高岳   

      屏風ノ耳 標高2,565.4mから撮影

A8img_3334

             槍ヶ岳

A8img_3381

    槍ヶ岳 大喰岳 中岳 南岳 大キレット

A8img_3272

              槍ヶ岳

A8_3302

               涸沢

A8_3378

                涸沢

A8_3480

              涸沢の紅葉

A8_3481

              涸沢の紅葉

              パノラマコースから撮影

 

                     撮影   2013年10月3日から5日

|
|

2013年8月 8日 (木)

奥穂高岳登山 Part 9

かぜたちぬ●●涸沢から下山 穂高よ さらば!●●

穂高岳山荘から快晴のザイテングラートを下ること約2時間30分

涸沢ヒュッテに到着  荷物をザック一つに纏める

ビールと名物の「おでん(関東炊き)」を買って、ヒュッテのベランダで乾杯 (#^.^#)

A8img_5139

      北穂高岳    涸沢カール          

 ビールを飲みながら撮影   素晴らしい景色だ!  時刻 7日 10時14分

A8img_5140

         涸沢岳  涸沢カール

A8img_5141

          前穂高岳 吊尾根

A8img_5142

           奥穂高岳  涸沢岳

/////////////////////////////////////////////////////////

横尾 上高地に向けて下山開始         時刻  7日 11時02分

A8img_5146

         涸沢ヒュッテをから下る     

A8img_5151

                 涸沢ヒュッテ下の雪渓と案内標識

A8img_5156

              奥穂高岳

A8img_5155

            前穂高岳  吊尾根

A8img_5161

            雪渓を下る

A8img_5162

            穂高よ さらば!

A8img_5163

     本谷橋    休息登山者は少ない      時刻 7日 12時32分

 上り 下りとも登山者の通過ピーク時刻は過ぎている

A8img_5165

              本谷橋   

A8img_5169

            横尾大橋

A8img_5170

     横尾大橋            時刻 7日 13時40分

    徳沢通過  時刻 14時45分     明神通過 15時33分

A8img_5181

         上高地  河童橋 に到着        時刻 7日 16時26分

/////////////////////////////////////////////////

上高地発 午後5時のあかんだな駐車場行のバスに乗車

平湯温泉で汗を流し・・・・・

東海北陸自動車道 高山 飛騨清見  名古屋、 東名阪自動車道、

名阪国道25号線を経て7日深夜24時奈良に帰宅

//////////////////////////////////////////////////

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  奥穂高岳登山Part1に戻る
  
  
     「奥穂高岳登山 2013年」 目次に戻る

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|
|

奥穂高岳登山 Part 8

●●ザイテングラートを下る●●

涸沢岳山頂から槍ヶ岳をはじめ北アルプス一万尺の絶景を目に焼きつけてヽ(*^^*)ノ

快晴のザイテングラートを下る

A8img_3393

             天候回復 ヘリで荷揚げ開始           時刻 7日 7時25分

A8img_3399

      穂高岳山荘前から望む前穂高岳       時刻 7日 7時28分

A8img_3401

          ザイテングラートの上部  涸沢カール          時刻 7日 7時48分    

A8img_3402

          奥穂高岳直下の岩稜  

  小豆沢の雪渓(穂高岳山荘が建つ涸沢側の沢)

A8img_3403

              ザイテングラートを下る  右が涸沢岳

A8img_3410

                北穂高岳                  時刻 7日 8時01分

A8img_3414

               ザイテングラートを下る          時刻 7日 8時09分

A8img_3415

       慎重 安全第一で下る          時刻 7日 8時12分

A8img_3429

                ザイテングラートを下る          時刻 7日 8時21分

A8img_3434

            ザイテングラート 中間くらい          時刻 7日 8時29分 

A8img_3436

            涸沢岳    涸沢槍

A8img_3440

     岩を下る時は三点確保で          時刻 7日 8時36分

A8img_3442

    ザイテングラート  右が涸沢岳       時刻 7日 8時41分

A8img_3449  

       更に下る                   時刻 7日 8時48分

A8img_3450

    上り 下りタイミングを見て譲り合い      時刻 7日 8時50分

A8img_3466

      涸沢岳  涸沢槍              時刻 7日 9時07分

A8img_3468

         ザイテングラート取付けまで下った      時刻 7日 9時09分

A8img_3469

            ガレ場を横切る  落石注意        時刻 7日 9時14分

       涸沢岳 涸沢槍を見上げる

A8img_3472

      今下ってきたザイテングラート ガレ場     時刻 7日 9時28分

A8img_3475

          北穂高岳下の岩稜

A8img_3476

 下ってきた雪渓   これから上る登山者     時刻 7日 9時34分

A8img_3479

  北穂高岳    ウラジロナナカマドの白い花   時刻 7日 9時36分 

  10月月初には紅葉で真っ赤

A8img_3488

  チングルマ                      時刻 7日 9時40分

A8img_3489

    涸沢小屋の上部   これから上る登山者

A8img_3492

    ウラジロナナカマド  前穂高岳 吊り尾根   時刻 7日 9時48分

A8img_3493

  涸沢小屋まで下山                  時刻 7日 9時58分

      
穂高岳山荘から涸沢小屋まで2時間20分かかった(撮影所要時間 休憩 年齢 体力により個人差あり、コースガイドでは下り1時間30分と記載されている)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・
  次のPart 9
・・・・・・・・・・・・・・・・・

|
|

奥穂高岳登山 Part 7

●●北アルプス一万尺(3,000m)、360度大展望●●

涸沢岳 山頂 標高3,110mから北アルプス3,000m(一万尺)の山々を望む

A8pq_m3314

槍ヶ岳  大喰岳 中岳 南岳 大キレットを経て北穂高岳

A8pq_u3356

上の画像からカメラを右に振る 北穂高岳 標高3,106mをバッチシ

A8pq_u3342

                涸沢岳の岩峰を入れた槍ヶ岳

A8kq_v3339

                    槍ヶ岳   涸沢岳の岩峰

A8kq_m3355

    槍ヶ岳  遠く裏銀座の山々 薬師岳

     涸沢岳山頂 標高3,110mから撮影

A8img_3350

          槍ヶ岳   北穂高岳

A8img_3332

    奥穂高岳  ロバの耳  ジャンダルム

A8kq_m3331

        ジャンダルム 標高3,163m

A8kq_u3365

       奥穂高岳     涸沢岳から撮影

A8kq_v3320

        前穂高岳    奥穂高岳

A8img_3336

  飛騨の名峰   笠ヶ岳 2,898m  抜戸岳 2,813m

A8img_3348

           前穂高岳   奥穂高岳 

A8img_3352

                常念岳  2,857m

A8img_3334

              涸沢岳 山頂  3,110m

A8img_3371

          涸沢岳と穂高岳山荘

A8img_3380

            イワギキョウ  過酷な環境に耐えて咲く

A8img_3372

            タカノツメクサ

A8img_3368

            ミヤマダイコンソウ

A8img_3383

        ジャンダルムとタカノツメクサ

                                              

                                                       登山 撮影  2013年8月7日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  次のPart 8
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|
|

奥穂高岳登山 Part 6

●●ご来光 穂高岳山荘前●●

登山四日目(8月7日) 晴れ

朝2時に目が醒め、小屋の外に出て見た。空には満天の星 d(゜-^*) ナイス♪

ヤッケを着込んでいたが外は寒い。 そそくさと戻って寝床に・・でも・・もう寝れない

昨夜は午後8時には寝ていたし、ご来光が楽しみ! d(^-^)!

午前3時半過ぎから一人二人と起きてきた。北へは北穂 大キレット 槍 方面 

南へは奥穂 ジャンダルム 西穂 と 前穂 岳沢 方面 西へは 白出沢 岩は滝谷

東へは涸沢 横尾など  いずれもロングでしっかりコース  小屋を出る時刻は早い
 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

☆太陽の虚像 

太陽柱(サンピラー sun pillar ) 映日(えいじつ) 幻日(げんじつ)のいずれかでしょうか・・・。

 掲載している画像は撮影したそのままで色彩・明暗無修正です。

A8bn_15e3285

   太陽の虚像 1

A8bn_15e3286

  太陽の虚像 2

A8bn_15e3287

  太陽の虚像 3

A8bn_15e3288

  太陽の虚像 4

A8bn_15e3289

  太陽の虚像 5

A8kyozouy2

(コラージュ画像)   太陽の虚像

同時撮影の二台目のコンデジ 4時49分と50分撮影画像

V8hodakasun1

  (コラージュ画像) 太陽の虚像~ご来光 ピックアップ画像

///////////////////////////////////////////////////////////

☆ご来光  2013年8月7日  午前4時57分~  穂高岳山荘前

太陽の光を受けた珍しい大気の現象から今日の日の出を迎える

A8bn_15e5127

          ご来光  撮影順番 画像b1 

      一番最初に撮影した太陽の実像(二台目のコンデジで撮影)

A8bn_15e3291

     ご来光  撮影順番 画像b2   (撮影した一枚飛びに掲載)

           雲海が漂う空に少し昇る

A8bn_15e3294

                         ご来光    画像b4

A8bn_15e3296

                          ご来光    画像b6

A8bn_15e3298

                          ご来光    画像b8

A8bn_15e3301

            ご来光   画像b10

///////////////////////////////////////////////////////////

A8img_3302

  穂高岳山荘前 モルゲンロート(朝焼け)  前穂高岳と北尾根

A8img_3303

                山荘の窓に日の光  (ご来光の直後)

  今朝は素晴らしいご来光でした。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  次のPart 7へ  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|
|

奥穂高岳登山 Part 5

●●奥穂高岳 ジャンダルム●●

登山3日目(8月6日)

ザイテングラートを登って白出コルに建つ穂高岳山荘に到着

天気は青空が見えるが西の飛騨側谷下から雲が湧き上がって辺りはガスに包まれ見えなくなる。 雨は大丈夫と感じてカメラ2台のみ懐に入れて山荘横の登山コースである岩場を登る。奥穂高岳には上り約50分、この稜線はこれで2度目(最初は44年前 (^-^) )多少安心感あり。

Ppa8_e5079

     登山コース  早速岩登り

小屋を発ってすぐ急な岩登りなので気が引き締まりますが、岩は堅いしハシゴ、クサリともしっかり取り付けられているので全く心配はいりません。

A8img_5082

     ハシゴ付近  ガスの流れ早い        時刻 6日 12時

ハシゴからはこんな景色ですが両手両足を使って簡単に登れます。

A8img_5083

      ハシゴから下の穂高岳山荘

A8img_5085_2

               涸沢岳  3,110m

A8img_5088

      涸沢カール 前穂高岳北尾根

A8img_5094

           常念岳 2,857m

A8img_5095

                 奥穂高岳 山頂が見えた

A8img_3257

             奥穂高岳 山頂 標高3,190m       時刻  6日 13時

D8ppd_u3264

    奥穂高岳 山頂 方位盤と穂高神社の祠 

A8pq_m3252

                   ジャンダルム           時刻 6日 13時

A8pq_m3253

              ジャンダルム

A8img_3258

       奥穂高岳山頂 祠越しのジャンダルム

A8img_3273

       奥穂高岳 山頂 標高3,190m

A8img_5105

          奥穂高岳 山頂

A8img_5103

             山頂の標識

A8img_5106

        奥穂高岳 山頂を下る登山者

 この時間はガスが流れ周囲の景色はこれ以上見ることが出来なかった。 

A8img_5112

奥穂高岳の過酷な自然環境で花開く ミヤマダイコンソウ

A8img_5121

              イワギキョウ

奥穂高岳の登山道で見かけたのはただ二つの花でした。

あとは岩と雲でした (*^^*)

明日は晴れの天気予報  楽しみです。

              登山三日目(8月6日) 穂高岳山荘 宿泊

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  次のPart 6へ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|
|

奥穂高岳登山 Part 4

●●ザイテングラートを登る●●

登山3日目(8月6日)  山小屋にあるテレビ天気予報では今日も雨マーク、確率も高い。

明日(7日)、明後日は晴れマーク 梅雨明けの天気になる。

今日、これからザイテングラートが登れるだろうか・・・  それとも下山か・・・

A8img_3248

   登山3日目(6日) 朝 5時30分    登るか・・・下るか・・・

A8img_3250

涸沢ヒュッテの下、テント場にある涸沢山岳総合相談所(救助隊詰所)に行き、設置された雨雲レーダーからの雨予報を聞いたところ・・・「大きな雨雲は穂高岳の西にあって午前8時から10時頃までの2時間に涸沢カールで雨が降るだろう。10時以降は西の空に大きな雨雲は無いので回復に向かうだろう。但し現在の雨雲の状況からの判断なので天候が急変することもある」とのことだった。

途中、2時間の雨で遅れたとしても5時間あれば稜線の穂高岳山荘には登れる!今日中には着ける!

早速、出来るだけ身軽にするため、予備の小さなザックに、雨具、防寒着、着替え、非常食等の山小屋1泊分の荷物を入れ、残った約半分の荷物は大きなザックに入れたまま小屋の荷物置き場に自己責任のもと置かせて貰うことにした。(小屋に迷惑をかけないように万一の時、持ち主へ連絡ができるように氏名・住所・TELを記載した名札をザックに付けておいた)

涸沢ヒュッテから借りたヘルメットを被り、雨具姿でヒュッテを7時過ぎ出発、昨日登ったザイテングラート取り付けまで一気に登る。

A8img_5049

   ザイテングラート取付け お花畑の斜面    時刻 6日 9時03分

A8img_5050

          ザイテングラート  涸沢岳  涸沢槍     時刻 6日 9時03分

A8img_5052

             振り返ると常念岳          時刻 6日 9時04分

A8img_5055

          ザイテングラートを三点確保で登る     時刻 6日 9時29分

A8img_5060

    大きな岩山を登る              時刻 6日 9時48分

A8img_5062

  振り返って  常念岳が綺麗        時刻 6日 9時49分 

A8img_5065

岩の間を登る 登るルート(岩の道)は決まっている(ペンキで○印)

ルート以外の岩を登るのは危険、または登れない 行き止り

                           時刻 6日 10時00分

A8img_5070

       涸沢カール 常念岳

       天候回復の兆し            時刻 6日10時32分 

A8img_5071

        前穂高岳            時刻 6日 10時32分

A8img_5072

       北穂高岳            時刻 6日 10時32分

A8img_5076

   ザイテングラートの上部を登る   コバイケイソウ  時刻 6日 10時49分

A8img_5077

           涸沢カール               時刻 6日 10時49分

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ザイテングラード 最後の登り 一歩 一歩 かみ締めて 

 10時49分から11時09分の間 カメラ撮影無し ヽ(*^^*)ノ

A8img_5078

  穂高岳山荘前に到着 涸沢カールを振り返る    時刻 6日 11時09分

A8img_5080

     穂高岳山荘 到着  一瞬の晴れ間         時刻 6日 11時09分

  

////////////////////////////////////////////////////////

穂高岳山荘で宿泊手続き後、奥穂高岳へ向かう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  次のPart 5
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|
|

奥穂高岳登山 Part 3

●●涸沢カール 小豆沢のお花畑●●

登山二日目(8月5日) 今日一日雨予報  雨の確率60% 二日前に出た今日の予報は晴れたり曇ったり、で天候が悪くなっている。 今回は奥穂高岳は諦めて今日これから下山しようかとも考えた。 折角ここまで登ってきたので1日待機することもいいのかなあと言い聞かせて雨の涸沢カールでゆっくりしようと決めた。

夕方まですることが無い。 雨具を着てテント場、隣りの涸沢小屋、転落など危険箇所が少ないザイテングラートの根元くらいまではどんなにゆっくりしても往復4時間では帰ってこれるだろう・・・と。

A8img_3133

                涸沢テント場  山の下に涸沢小屋

A8img_3129

          テント場と涸沢ヒュッテ

A8img_3134

                   涸沢カール テント場   

A8img_3137

                      涸沢小屋のテラス

A8img_3138

 涸沢小屋のテラスからカールの上部 (吊り尾根の下部)  

 8月になったのに雪が多い

A8img_3149

     3箇所の雪渓を通過してザイテングラートへ

  雨でけむる涸沢岳 涸沢槍

A8img_3163

  ザイテングラート取り付けに到着  小豆沢のお花畑

A8img_3164

               お花畑  前穂高岳 北尾根

A8img_3170

       お花畑  ザイテングラートの岩稜

A8img_3183

           ハクサンイチゲ

A8img_3192

   ミヤマキンポウゲ ザイテングラート取付け部分の岩

A8img_3200

        お花畑  ザイテングラート

A8img_3219

  ハクサンイチゲ ミヤマキンポウゲ 涸沢カールの雪渓

A8img_3230

     ウラジロナナカマド  涸沢カール

 今日は雨でビショ濡れになりました。

A8img_3247

 

 涸沢ヒュッテに戻りました 2日目(8月5日)もここに泊まります。

 明日も雨っぽい・・・下山か・・登るか・・明日の朝、考えるとするか。

                           撮影 H25年8月5日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  次のPart 4
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

//////////////////////////////////////////////////////

   

|
|

奥穂高岳登山 Part 2

●●本谷橋 涸沢●●

横尾大橋を渡ったら下山してきた登山者は雨具を着用していた。

急な雨振りを予測しながら緩やかな登山道を急ぐ。 左手には大きな屏風岩がそそり立って歩いても歩いても過ぎ去ることもなく岩盤が続く

A8img_4995

            横尾から1.5k歩き 岩小屋跡

A8img_4996

             屏風岩

A8img_5001

               本谷橋

A8img_5003

   本谷橋  河原で小休止  これからが本当の山道

   すぐ川から離れて急な登山道になる

A8img_5002

    大勢の登山者が一息入れる場所である

A8img_5008

       白いガレ付近 前方本谷  稜線はキレットあたり?   

A8img_5010

   初めて涸沢カールからの前穂高の姿が見えた

   ここからが思ったより時間がかかる

A8img_5014

         可愛いクルマユリ

A8img_5019

      登山道に雪渓  涸沢カールが見えた

A8img_5029

     涸沢ヒュッテ直下 約500mの雪渓

A8img_5033

  雪の階段が切ってあるが登山靴だけでは良く滑る

A8img_5044

        涸沢ヒュッテは右のすぐ上 

A8img_3127

            涸沢ヒュッテ

A8img_3122

       涸沢ヒュッテから涸沢小屋を写す

A8img_3118

  奥穂高岳の裾から穂高岳山荘がある白出コル

  中央が涸沢岳 涸沢槍 北穂高への稜線

・・・・・・・・・・・・・・・・・
 次の Part 3
・・・・・・・・・・・・・・・・・

|
|

より以前の記事一覧